スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ルイス・エンリケ「タイトルを勝ち取るためには、こうした状況を乗り越える必要がある」(S・ヒホンvsバルセロナ:両監督前日会見まとめ)







アベラルド・フェルナンデス(スポルティング・ヒホン監督)前日会見まとめ


【バルセロナとの対戦に向けて】

「バルセロナに勝利するには、彼らが悪い日を迎え、我々が完璧な日を迎える必要がある」

「メッシがプレーしようがしなかろうが関係はない。彼らは層が厚いチームであり、素晴らしい選手が何人もいるんだ。それに、彼らはメッシがいない状況でも何度も同じように勝利を経験している。確かに彼は相手のバランスを崩すことができる選手ではあるがね」

「この試合は素晴らしい機会なんだ。我々は全力で良い結果を勝ち取りに行くよ」


【招集選手について】

「モイ・ゴメスは練習をしっかりこなしているし、招集メンバーに入る。ラシドとエンディは出場機会が与えられていないが、招集メンバーに入る資格は持っているんだ」


【ドウグラス・ペレイラについて】

「この試合に向けたモチベーションがとても高いのは理解できる」


【ここまでの戦いについて】

「A・ビルバオやアラベス、レガネスにはとても良い戦いができ、カルデロンでの試合はとても悪い試合だったと言える。私はこのチームを完全に信頼しているし、良いサッカーを披露できていると思っている」

「我々の目標は残留以外になく、そのことを忘れるべきではないんだ」











ルイス・エンリケ(バルセロナ監督)前日会見まとめ


【S・ヒホンとの対戦に向けて】

「昨シーズンの戦いぶりから見て彼らが力を増すのは当然のことだと言える。プレス、インテンシティ、ブロック…彼らはアベラルドの元で昨シーズンと同じサッカーのアイディアを採用し、同じキャラクターの同じチームで試合に臨んでいるんだ。難しいチームであり、他のアウェーゲーム同様に難しい試合になるだろう」

「レガネスでの試合のようになるかどうかは分からないが、スポルティングはインテンシティのあるチームだ。ホームでの彼らはプレスが上手く機能するし、良いバージョンの我々が必要になるだろう」


【バウサ監督のメッシに関する発言について】

「このテーマの唯一の事実は、メッシや選手たちが良い状態にあることを皆が望んでいるということだ。どんな選手においても怪我は悪いニュースであるし、世界最高の選手の怪我は残念なニュースだと言える。」


【ブスケツの代わりとなる選手について】

「セルジ・ロベルト、アンドレ・ゴメス、ラキティッチ…ブスケツの代わりのための選択肢を我々は抱えているんだ」


【ドウグラスのレンタルについての評価について】

「5節を終えたところで評価するべきだと思うのかい? 38節まで待つべきだ」


【ネイマールケースについて】

「様々な状況に慣れている選手がいるとすれば、それはネイマールだ。そして、サッカーに関係のない事柄に慣れているチームがあるとすれば、それはバルサなんだ」


【F・ルイスとL・スアレズについて】

「様々な解釈があるだろうが、ルイス・スアレスには誰かを怒らせる意図はなかったと言える」

「F・ルイスの写真掲載については、意見は特になしというのが私の意見だ」


【メッシの不在について】

「昨シーズンは残念なことにメッシが2か月半も不在だったわけだが、チームは状況に反撃していた。メッシがいれば我々はより強くなれるが、我々には相手を打ち破るために十分な選手層の厚みがあるんだ。全員ができるだけ早く揃うことを願っているが、タイトルを勝ち取るためには、こうした状況を乗り越える必要があるんだ」

「選手の状況とは関係なく、私は常に様々な選択肢について考えを巡らせている。そして、相手チームにそのヒントを与えるつもりももちろんない。私はあらゆる可能性を想定しているんだ」


【パコ・アルカセルについて】

「特別に何かを証明する必要はないし、彼は既に証明された才能を持っている。彼は代表の選手なんだ。彼のパフォーマンスへの疑いの目は持っていないよ」


【アレイシュ・ビダルについて】

「彼についての不満はないし、彼は彼にとってプラスではない現在の状況を跳ね返そうとしている。そして、選手の状況を変えられる監督がいるとすれば、それは私なんだ」

【チームの状態について】

「難しい3試合が近づいているが、選手たちは素晴らしい状態にある。サッカーにおけるフィジカル面の準備は1か月や1試合のために特別に行うものではないんだ」











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ