スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ロペテギ「イスコを信頼している」(スペイン代表10月シリーズ招集メンバー発表会見まとめ)


【ホセ・カジェホンについて】

「彼は前の招集リストの段階で既に代表入りに近いところにいた。我々を助け、様々な貢献を見せてくれるだろう」


【セルヒオ・リコについて】

「彼はとても高いレベルでのプレーを見せてくれているし、我々を助けてくれることは分かっているよ」


【セスクの選外について】

「彼は素晴らしい選手であるが、我々の好きな選手は大勢存在するし、全員がここに来ることはできないんだ」


【目の前の2試合について】

「2試合とも難しいアウェーゲームであるし、我々はそれぞれの試合に最大限の野心を持って臨まなければならない」


【コケ・レスレクシオンについて】

「彼への信頼は最大級のものだ。彼はとても良いレベルのプレーを見せている」


【カルレス・プジョルについて】

「私が彼と朝食を共にしたのは事実であるし、我々は素晴らしい関係を築いている。ただ、ここで言えることは、これ以上ないんだ」







【アセンシオの選外について】

「彼は代表の現在であり未来でもあるが、今回は他のオプションを評価したんだ」


【アンドレス・イニエスタについて】

「彼の復帰は我々にとっての朗報だと言えるね」


【フランス代表を選択したラポルトについて】

「彼が選択肢となったことは1度もなかった。彼は招集することのできる選手ではなかったんだ」


【アルカセルの選外について】

「我々は他の選手たちを代表復帰させることを決断したんだ」


【イスコ・アラルコンについて】

「我々は彼のことを懸念していたが、彼のことを信頼しているし、我々への貢献を見せてくれるはずだ」

「リーガでは57分間のプレーにとどまっているし、これは確かに少ない数字だ。ただ、私は既に彼を信頼していると口にしている。最高の状態になくても、彼は我々を助けてくれるだろう。他のチームでプレーできないのと、レアル・マドリードでプレーできないのは意味合いが違う。あのクラブでは常に最高が求められるんだ」











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ