スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

2016年10月2日の4大スペインスポーツ紙一面まとめ
- マドリード系二紙 -


【マルカ紙】


≪メイン : レアル・マドリードvsエイバル(プリメーラ第7節プレビュー)≫
見出し : 『首位チームの試練』
・3連続引き分けからのトラップの試合
 ・ジダンはモドリッチを怪我で1か月失うことに
 ・エイバルは攻撃のリーダーのペドロ・レオンと共にやって来る

≪その他1 : ジョルディ・クライフ≫
見出し : 『ヨハン、私の父』
・「彼は生涯を通して前向きだった。常にポジティブなことに目を向けていたんだ」
・「彼のことを“守銭奴”と言っていた人を私は笑っている。もし彼がお金のために戦っていたとすれば、それは他の人のためだった」

≪その他2 : バレンシア関連≫
見出し : 『プランデッリが舵を取る』
・契約にサインし、スタンドからアトレティコ戦を観戦へ

≪その他3 : セルタvsバルセロナ(プリメーラ第7節プレビュー)≫
見出し : 『アスパスは“対バルサ”の公式を手にしている』
・昨シーズンの4‐1の主人公

≪その他4 : プリメーラ第7節レビュー≫
・グラナダvsレガネス(0‐1)
 ・レガネスのアウェー3勝目
・セビージャvsアラベス(2‐1)
 ・2つのヒールキックがセビージャを更なる高みへ
・オサスナvsラス・パルマス(2‐2)
 ・新たなショックがエンリケ・マルティンに
・デポルティーボvsS・ヒホン(2‐1)
 ・バベルの92分の強烈な一撃が試合を決めた





【アス紙】


≪メイン : レアル・マドリードvsエイバル(プリメーラ第7節プレビュー)≫
見出し : 『モドリッチがイスコに場所を与える』
・クロアチア人MFは左膝を怪我し、1か月の離脱へ
・ジダン:「イスコはエイバル戦でプレーする。彼が代表に行くのは、行くに相応しい何かがあるからであり、私は彼が高いクオリティを持っていることを知っているんだ」

≪その他1 : セルタvsバルセロナ(プリメーラ第7節プレビュー)≫
見出し : 『ルイス・エンリケはバライードスで慎重に』
・昨シーズンの敗北がローテーションの回避を考えさせる

≪その他2 : バレンシアvsアトレティコ(プリメーラ第7節プレビュー)≫
見出し : 『アトレティコはメスタージャで全てを勝ち取りに行く』
・バレンシアのプランデッリ新監督はスタンドに
・カルデロンは今日で50周年

≪その他3 : オサスナvsラス・パルマス(プリメーラ第7節レビュー)≫
見出し : 『ラス・パルマスは諦めず、最後の最後にパンプローナでの1ポイントを勝ち取った』











- バルセロナ系二紙 -


【ムンド・デポルティーボ紙】


≪メイン : セルタvsバルセロナ(プリメーラ第7節プレビュー)≫
見出し : 『水色のとげ』
・バルサがリベンジの意欲十分でバライードスへ
 ・昨シーズンは4‐1で敗北
 ・L・スアレスはまだここでゴールを決めたことが無い
・ルーチョのチームはアウェー8連勝中で、イニエスタはバルサでの600試合出場へ
・ピオネ・シスト:ウガンダ生まれで南スーダン難民だったデンマーク人MF

≪その他1 : レアル・マドリードvsエイバル(プリメーラ第7節プレビュー)≫
見出し : 『白の窮地:モドリッチ、1か月の離脱』
・ジダンのチームは連続引き分けのストップへ

≪その他2 : バレンシアvsアトレティコ(プリメーラ第7節プレビュー)≫
見出し : 『メスタージャはシビれる試合を歓迎』





【スポルト紙】


≪メイン : セルタvsバルセロナ(プリメーラ第7節プレビュー)≫
見出し : 『危険な試合』
・ルイス・エンリケは最高レベルの緊張感をチームに要求
 ・バライードスを1年の中で最も集中力が必要なアウェーの舞台の1つと見なしている
・コーチ陣は選手たちとカウンターの起点となるボールロストの回避に向けて話し合い

≪その他1 : クライフとグアルディオラ≫
見出し : 『クライフはグアルディオラのセグンダへの売却を拒否していた』

≪その他2 : レアル・マドリードvsエイバル(プリメーラ第7節プレビュー)≫
見出し : 『モドリッチ不在に』










関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ