スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ジダン「イスコは明日プレーする」(レアル・マドリードvsエイバル:両監督前日会見コメントまとめ)







ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリード監督)前日会見まとめ


【最近の結果について】

「我々は負けていないのであり、これについてはポジティブな要素だと言える。我々は再び勝利を掴まなければならないし、試合の最初から最後まで100%の力で戦う必要があるんだ。ここ2試合の4失点については、心配の目を向けていないよ」

「ドルトムントでの試合はより良い結果に相応しかったし、具体的な分析を行ったのはほんの僅かな部分だ。エイバルは違うプレーをするチームであるし、待ち受けていることを我々は良く分かっている。我々がブレることはないだろう」


【ボールポゼッションについて】

「ドルトムントで低かったのは確かだ。ここにいる選手たちはポゼッションに適した選手たちであるし、私は常にボールの保持を行おうとしているが、ボールを保持することが勝利を保証するわけではない。我々はより決定力のあるチームとなりたいし、チャンスをゴールに変えて行く必要がある」


【イスコ・アラルコンについて】

「彼は明日プレーする。状態が良いし、重要な選手だからね。代表に呼ばれたのは彼が何かを持っているからだと言えるよ。あまり出場機会を得られていないが、彼がクオリティの高い選手であることは誰よりもわかっているし、彼は私の好きなタイプの選手なんだ」


【カリム・ベンゼマについて】

「彼の代表選外が良いことかどうなのかは私にはわからない。この問題は代表監督のものであり、彼に質問するべきだろう」

「ベンゼマは我々にとっての重要な選手であり、これから良いトレーニングをここで行うことができるはずだ。私は最高のベンゼマを取り戻したいし、それに向けて少しずつ歩みを進めているところだよ」


【左サイドバックについて】

「コエントランについては、ここ3週間は通常のトレーニングをこなしていたが、現在違和感を抱えている。4~5か月プレーしていなかった選手なのだから、こうしたことが起きるのは普通のことであるし、リスクを冒すつもりはない」

「我々にはマルセロ不在の穴を埋める選手が十分にいる。そして彼はFIFAウィークの後に復帰できるだろう」


【自身への評価について】

「私がいるのはレアル・マドリードであり、このクラブはトップ中のトップなんだ。それに、今の私の興味は物事に対する解決策を見つけることに向いている。明日再び勝利を逃したり、良い試合ができなかったりした場合に、何が起きる可能性があるのかを私は把握しているよ。私は自分がどこにいるのかを理解しているし、ベストを尽くすように試みている」


【トニ・クロースについて】

「彼は本当にプロフェッショナルな選手だ。私には『3日おきのプレーに恐れは抱かない』と言っているし、フィジカルコンディションでは良い状態を取り戻している。カゼミロがいる時と異なるプレーなのは確かだが、良いプレーを見せているよ」











ホセ・ルイス・メンディリバル(エイバル監督)前日会見まとめ


【レアル・マドリードとの試合に向けて】

「我々は、勝ち点を獲得しながら戦えるチームであることを毎試合示してきているが、レアル・マドリードのような相手にはまだそれができていない。ここには他を大きく上回っているチームが2~3存在し、彼らはその1つであると言える。こうしたチームは、勝利するのに良いプレーが必ず必要というわけではなく、更に多くの選択肢を手にしているんだ」

「私が何かを言えば、逆のことが起きるだろう。我々は、相手がカウンターなどによって大打撃を与えることができるチームであることを頭に入れつつ、他の敵地に行く時と同じスタンスで試合に臨むよ。彼らは相手側のゴールに到着するのに3秒もいらないんだ。この試合はかなり難しいものとなるだろう」


【相手の守備面について】

「他人とは違って、常に私は相手チームの良い部分に目を向けている。こうしたチームにおいて悪い事柄が長く続くことはないし、現在の状態もそんなに悪くはない。こうした状況に神経質になっているとは思わないよ」


【アウェーゲームについて】

「我々はアウェーでも良いパフォーマンスを発揮できているが、結果が伴っていないのも確かだ」


【ここまでの称賛について】

「クラブに属している者が現在の状況にうぬぼれるようなことがあれば、昨シーズンのようなミスを再び犯すことになるだろう。慎重に進んでも同じことが起きる可能性はあるが、少なくとも準備を整えておくべきだし、そうすれば、いつの間にか窮地に追い込まれた状況となることも無いはずだ」











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ