スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

【試合アーカイブ】日本代表vsイラク代表(ロシアW杯最終予選)
ロシアW杯最終予選
(会場 : 埼玉スタジアム2002[日本:埼玉])
【 HOME 】【 SCORE 】【 AWAY 】
日本代表2 - 1イラク代表
【GOAL】
1 - 0 (26分)

日本代表 : 原口元気
1 - 1 (60分)

イラク代表 : サード・アブドゥルアミール
2 - 0 (90+5分)

日本代表 : 山口蛍






・両チームスタメン(括弧内は背番号)

(日本代表)
GK:西川周作(12)
DF:森重真人(6)、酒井宏樹(19)、酒井高徳(21)、吉田麻也(22)
MF:本田圭佑(4)、柏木陽介(7)、原口元気(8)、清武弘嗣(13)、長谷部誠(17)
FW:岡崎慎司(9)


(イラク代表)
GK:ハミード(20)
DF:イブラヒム(2)、ナティク(14)、イスマエル(15)、サリム(23)
MF:アドナン(6)、ヤシーン(9)、アブドゥルザフラ(10)、アットワン(11)、アブドゥルアミール(21)
FW:カッラル(8)


・両チーム初期フォーメーション

20161006formation1.png


・両チーム選手交代(括弧内は背番号)

(日本代表)
66分:柏木陽介(7)⇒山口蛍(16)
75分:岡崎慎司(9)⇒浅野拓磨(18)
81分:本田圭佑(4)⇒小林悠(14)

(イラク代表)
53分:アットワン(11)⇒カミル(19)
69分:カッラル(8)⇒ムハンマド(7)
83分:ヤシーン(9)⇒レサン(22)












・試合レポート:「後半アディショナルタイムの一撃で2連勝」
 
 最終予選2試合が終わって、1勝1敗という成績で2試合目のホームゲームを迎えた日本代表。開始3分で、イラク代表に左CKからのシュートがポストに直撃する危ないシーンを作られるが、11分にショートカウンターから清武弘嗣がミドルシュートを放って応戦する。その後は決定的なシーンが生まれない展開が続くが、26分にようやく試合の均衡が破れる。

 得点を奪ったのは、1本しかシュートが打てていなかった日本の方だった。自陣で原口元気がボールを奪ってカウンターを発動すると、ボールを貰った清武弘嗣が持ち上がって右サイドのスペースにパス。清武はボールを拾った本田圭佑をそのまま追い越してリターンパスを受け、折り返しのボールを供給すると、ニアに入り込んだ原口元気が、そのボールを右足バックヒールでゴールに流し込み、1‐0とする。


【同点のままアディショナルタイムへ】

 先制点を奪取した日本だったが、追加点を奪えず試合は後半突入。序盤の15分間でも2‐0にできずにいると、60分に追加点を奪えなかった代償を支払うことに。左後方からのFKをサード・アブドゥルアミールに頭で合わせられると、これがゴール左に決まって1‐1。

 試合を振り出しに戻された日本は、交代枠を使いながらゴールを狙って行くものの、80分の本田のヘディングシュートが左ポストに嫌われるなど決定打が出ず、試合は6分間の後半アディショナルタイムに突入する。そして迎えた90+5分、窮地を救う勝ち越しゴールが生まれた。

 左コーナーフラッグ付近でFKを得ると、清武の蹴ったボールは中央の選手に上手く合わなかったものの、そのこぼれ球の落下点に入った山口蛍が右足を一閃。放った低い弾道のシュートがゴールに突き刺さり、これが決勝ゴールとなった。

 再びのホームでの厳しい戦いとなりながら、奇跡的な勝ち越し弾でどうにか連勝を飾った日本。5日後に行われる次戦は、難敵オーストラリア代表とのアウェーゲームとなっているが、ここで連勝を継続させ、波に乗ることができるのだろうか。











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ