FC2ブログ
スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

【試合アーカイブ】イタリア代表vsスペイン代表(ロシアW杯予選)
ロシアW杯予選
(会場 : ユヴェントス・スタジアム[イタリア:トリノ])
【 HOME 】【 SCORE 】【 AWAY 】
イタリア代表1 - 1スペイン代表
【GOAL】
0 - 1 (55分)

スペイン代表 : ビトロ
1 - 1 (82分)

イタリア代表 : デ・ロッシ(PK)







・両チームスタメン(括弧内は背番号)

(イタリア代表)
GK:ブッフォン(1)
DF:ロマニョーリ(3)、バルザーリ(15)、ボヌッチ(19)
MF:デ・シリオ(2)、フロレンツィ(8)、デ・ロッシ(16)、モントリーヴォ(13)、パローロ(21)
FW:ペッレ(9)、エデル(17)

(スペイン代表)
GK:デ・ヘア(1)
DF:カルバハル(2)、ピケ(3)、S・ラモス(15)、アルバ(18)
MF:ブスケツ(5)、イニエスタ(6)、コケ(8)
FW:ビトロ(11)、ジエゴ・コスタ(19)、シルバ(21)


・両チーム初期フォーメーション

20161007formation1.png


・両チーム選手交代(括弧内は背番号)

(イタリア代表)
30分:モントリーヴォ(8)⇒ボナヴェントゥーラ(7)
60分:ペッレ(9)⇒インモービレ(11)
76分:パローロ(21)⇒ベロッティ(23)

(スペイン代表)
22分:アルバ(18)⇒ナチョ(4)
67分:ジエゴ・コスタ(19)⇒モラタ(7)
84分:ビトロ(11)⇒チアゴ(10)












・試合レポート:「先制も終盤のPK献上でリベンジ&連勝ならず」

 EURO2016のラウンド16以来の対戦となった今回の試合。スペイン代表はリベンジの勝ち点3獲得を狙って、敵地トリノに乗り込んだ。

 いつものポゼッションスタイルから試合のリズムを掌握して行ったスペインだったが、開始22分でアクシデントが発生。左サイドバックのジョルディ・アルバが負傷し、交代枠の使用を早々に強いられる。しかし一方のイタリア代表も、30分手前にリッカルド・モントリーヴォがセルヒオ・ラモスとの衝突で負傷し、選手交代せざるを得なくなる。

 互いに1枚ずつ選手交代を行った後も、“ボールを保持しながら攻め込むスペイン、守りながらカウンターを狙うイタリア”という構図は変わらなかったものの、0‐0の膠着状態も変わらず。そのままのスコアで前半を折り返す。


【ラッキーな形で先制も】

 後半も序盤こそスコアレスの状態が続いたが、55分に遂に試合が動く。セルヒオ・ブスケツが縦パスを狙うと、GKジャンルイジ・ブッフォンが飛び出してクリアすると思われたが、足が届かずにボールがそのまま流れると、抜け出す形となったビトロが無人のゴールに流し込んで0‐1。アウェーのスペインが先制に成功する。

 その後、順調に1点差のまま試合を進めていたスペインだったが、80分にセルヒオ・ラモスがエデルをペナルティエリア内で倒してしまい、PKを献上。このPKをダニエレ・デ・ロッシに難なく決められて、試合は振り出しに戻る。

 試合はそのまま1‐1でフルタイムに到達。スペインはEUROのリベンジならず、勝ち点1ポイントと共に次の舞台のアルバニアへ向かうことになった。











関連記事
スポンサーサイト



テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ