スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ロペテギ「1試合1試合を戦って行く姿勢を継続させる必要がある」(アルバニア戦試合後会見コメントまとめ)

【試合の内容について】

「サッカーにおいては、時を待ち、それに向けて努力をし、その瞬間を生かさなければならない。息の詰まるような試合は初めてではないんだ。我々の目的は勝利だったわけだし、全体的に見れば良い試合をしたと言えるよ」

「我々は自分たちの時間を呼び込むために良い働きを見せていたし、後半の早い段階で得点を決められたのは幸運だった。それによって、より落ち着いたプレーをすることができたんだ」

「この試合が我々による戦術のレッスンだったということは全くない。主人公は選手たちであり、我々は彼らのサポートを試みているだけだ。アルバニアは完璧な相手であったし、とても良く戦っていたよ」

「我々が持っていたアイデアは、ピッチのあらゆるところでの優位性を保ちながら、彼らのインテンシティと決定力を弱めるということだ。このチームは難しい相手を上回りつつとても良い仕事をしてくれたと思っている」







【ジェラール・ピケについて】

「私が言える唯一のことは、我々は素晴らしい試合をし、その試合の中で彼はイタリア戦同様に最も素晴らしいプレーをした選手の1人だったということだ。彼はセルヒオ・ラモス同様にファンタスティックな試合を過ごしていたよ。我々は彼や他の選手たちのパフォーマンスに満足している。それ以上のことは何も言うつもりはない。ピケのチームへの姿勢は全く疑うべきものではないし、ユニフォームの件をこれ以上掘り下げてはならないよ」


【セルヒオ・ラモスについて】

「怪我の内容についてはメディカルチームが判断しなければならないわけだが、重傷でないことを願っている。クラブにとっても我々にとっても、彼はかなり重要な選手なんだ」


【イタリア代表の試合結果について】

「彼らはアディショナルタイムに決勝点を挙げたし、戦いは長く、厳しいものになるだろう。1試合1試合を戦って行く姿勢を継続させる必要があるんだ」











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ