スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ルイス・エンリケ「友人への勝利は刺激になる」(CL第3節水曜開催分:スペイン勢監督の前日会見まとめ)
ルイス・エンリケ(バルセロナ監督):マンチェスター・シティ戦前日会見まとめ


【マンチェスターCとの対戦に向けて】

「我々はプレーした試合と我々が持っている解決策についての分析を行っている。彼らのクオリティや能力からこの試合が難しいものになることは分かっているんだ」

「現在の彼らは前とは違う。魅力的なチームとなっているし、これから更なる向上を遂げるだろう。グアルディオラはチームのプレーへのとてつもない影響力を持っている監督なんだ。彼らが打撃を与えることができる攻撃的なメカニズムを持っているチームであることも、試合でボール保持を狙って来るチームであることも、我々は分かっている」

「彼は距離を広げるチャンスだが、この試合の後にはマンチェスターでの試合が待っている。グループ首位を決定付ける試合とはならない」

「ボールを持つチームが相手の強さを削ぐことにはなるだろうが、そのチームが試合を勝利するとは限らないんだ」

「全員が起用可能というのは素晴らしい朗報だ。我々はできるだけ最高のシナリオの具現化を常に試みているし、我々皆が楽しむことのできる試合となることを私は願っている。シティを上回るためには、全選手が最高のバージョンのプレーを見せることが必要となるんだ」


【ジョゼップ・グアルディオラについて】

「この試合は監督対監督の試合ではない。試合を決めるのは選手たち自身になるだろう。私と彼はクラブチームや代表で多くの経験を共有してきた。友人に勝利するということは刺激になると言えるね」

「私は彼のトレーニング内容を目にしたことはないし、彼も私のトレーニング内容を見たことはない。それに、我々がお互いを知っているという事実がどちらかにアドバンテージをもたらすとは、私は全く思わないよ」

「現在発信しているものやその攻撃的なスタイルから、彼は現在のサッカー界における最高の指揮官だと言える。間違いなく、彼は現代サッカー史に名を残す監督の1人になるだろう。私はどうかって? 私は良い時間を過ごしながら監督業をただ続けて行きたいね」

「ペップ・バルサはスペクタクルであり、まさに組織的なサッカーだった。そして、我々は同じフレームワークの上に、我々にとってプラスとなる要素の追加を試みた。私も彼も観客にチームプレーを楽しんでもらいたいと思っているんだ」


【アルバとセルジ・ロベルトの状態について】

「2人とも良い練習ができていたし、プレーできる状態にある」











ディエゴ・シメオネ(アトレティコ・マドリード監督):ロストフ戦前日会見まとめ


【ヤニック・フェレイラ・カラスコについて】

「アトレティコにやって来る選手というのは常に才能を持っているわけであり、彼は個人能力やフィジカル面、戦術面での成長の過程にある。カラスコには決断力が常に備わっているし、それがあれば彼がこの先に歩む道は良いものになるはずだ」


【ロストフとの対戦に向けて】

「彼らはセカンドボールの動きが良いし、しっかりした規律もある。またボールを失った時の帰陣も早いんだ。戦い方を知っているチームだと言えるね。彼らは2013年に戦ったルビン・カザンとは違う。同じ監督だが、選手もチームも全く異なるんだ」


【フェルナンド・トーレスについて】

「明日は先発する予定だ」


【アンヘル・コレアについて】

「彼はアルゼンチン代表ではトップ下の選手だが、我々は新たな選択肢を模索しているんだ」











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ