スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

【CL16-17GS第3節】スペイン勢レビュー
【火曜開催分レビュー : レアル・マドリードは大勝、セビージャは連勝で前進】


 前節ドルトムントと引き分け、2試合終わって1勝1分けとしていたレアル・マドリードは、ホームでポーランド王者のレギア・ワルシャワと対戦した。

 互いにシュートシーンを作りながらも、最初の15分間を0‐0で終えたジネディーヌ・ジダンのチームだったが、16分に先制に成功する。右サイドからペナルティエリア内に侵入したガレス・ベイルの左足シュートがゴール左に決まって1‐0。更にその4分後には、マルセロのシュートがオウンゴールを誘い、点差を拡大する。

 ラッキーなゴールもあり、5分もかからずに2‐0とすることに成功したレアル・マドリードは、その後PKによって再び1点差に迫られたものの、37分にクリスティアーノ・ロナウドのアシストからマルコ・アセンシオのCL初ゴールが生まれ、3‐1。このままのスコアで折り返すと、後半は交代選手が躍動する。

 まず68分に、アルバロ・モラタの左クロスからルーカス・バスケスがボレーシュートでゴールを奪い、交代選手コンビの働きで追加点を記録することに成功すると、試合終盤の84分にはC・ロナウドのパスを受けたモラタがゴールネットを揺らし、チーム5点目。ベルナベウでのゴールショーを締め括ってみせた。


 一方のセビージャは、37分のサミル・ナスリの一撃でディナモ・ザグレブをアウェーで撃破し、連勝を達成。リヨンをアウェーで0‐1で破った首位のユヴェントスと勝ち点で並んでいる。なお、清武弘嗣はCL3節連続のベンチ入りを果たしたものの、今回も出場機会がないままフルタイムを迎えている。





【火曜開催分 : 各試合結果】

グループF第3節(会場 : サンティアゴ・ベルナベウ [マドリード]
【 HOME 】【 SCORE 】【 AWAY 】
レアル・マドリード5 - 1レギア・ワルシャワ
【GOAL】
1 - 0 (16分)

レアル・マドリード : ベイル
2 - 0 (20分)

レアル・マドリード : OG(ヨドウォビエツ)
2 - 1 (22分)

レギア・ワルシャワ : ラドヴィッチ(PK)
3 - 1 (37分)

レアル・マドリード : アセンシオ
4 - 1 (68分)

レアル・マドリード : L・バスケス
5 - 1 (84分)

レアル・マドリード : モラタ



グループH第3節(会場 : スタディオン・マクシミール [ザグレブ] )
【 HOME 】【 SCORE 】【 AWAY 】
ディナモ・ザグレブ0 - 1セビージャ
【GOAL】
0 - 1 (37分)

セビージャ : ナスリ






【火曜開催分 : 各クラブ所属グループ順位表】

[グループF(レアル・マドリード)]

順位チーム試合勝利分け敗北得点失点得点差勝ち点
決勝
T
 1 ドルトムント3210103+77
 2 レアル・マドリード321094+57
EL 3 スポルティング・リスボン310244±03
 4 レギア・ワルシャワ3003113-120



[グループH(セビージャ)]

順位チーム試合勝利分け敗北得点失点得点差勝ち点
決勝
T
 1 ユヴェントス321050+57
 2 セビージャ321020+27
EL 3 リヨン310232+13
 4 ディナモ・ザグレブ300308-80













【水曜開催分レビュー : バルサ、アトレティコ共に完封勝利で3連勝】


 バルセロナは、グループ最大のライバルであるマンチェスター・シティと本拠地カンプ・ノウで対戦。現状のベストメンバーで試合に臨んだが、早い段階でジョルディ・アルバが左大腿を痛め、開始10分での負傷交代というアクシデントに見舞われる。

 早々の交代枠使用を強いられたホームチームだったが、17分に先制に成功する。リオネル・メッシが、アンドレス・イニエスタとのパス交換からペナルティスポット付近に転がったボールを拾うと、GKとの1vs1を冷静に制して流し込み、1‐0。その後、39分にはジェラール・ピケの負傷交代という更なるアクシデントがあったものの、試合自体は動くことなく、前半を1点差で折り返す。

 後半に入ると、53分に試合の行方に大きな影響を与える出来事が発生する。GKクラウディオ・ブラーボのゴロパスがルイス・スアレスへのプレゼントパスとなり、このウルグアイ代表FWがすぐさまシュートを放つと、ブラーボはペナルティエリア外にもかかわらず手でシュートストップ。チリ代表GKはレッドカードを提示され、アウェーチームは数的不利での戦いを強いられることになった。

 数的優位に立ったバルセロナは、再びエースのメッシが躍動。61分にペナルティアークから左足を一閃して、この日2点目を奪うと、69分には相手の意思疎通のミスによってスペースに抜け出したL・スアレスのアシストからハットトリック達成を達成してみせる。

 74分にはジェレミー・マテューが退場となり、シティの数的不利が解消されるが、バルセロナは89分に締め括りのゴールをゲット。直前にPKを外していたネイマールが決め、4‐0でのフルタイム到達となった。


 敵地に乗り込んでロストフ(ロシア)と対戦したアトレティコ・マドリードは、前節に続いてヤニック・フェレイラ・カラスコの1ゴールで勝ち切り、バルセロナ同様に3連勝達成。単独首位を維持している。





【水曜開催分:試合結果】

グループC第3節(会場 : カンプ・ノウ[バルセロナ] )
【 HOME 】【 SCORE 】【 AWAY 】
バルセロナ4 - 0マンチェスター・シティ
【GOAL】
1 - 0(17分)

バルセロナ : メッシ
2 - 0(61分)

バルセロナ : メッシ
3 - 0(69分)

バルセロナ : メッシ
4 - 0(89分)

バルセロナ : ネイマール



グループD第3節(会場 : オリンポ2 [ロストフ] )
【 HOME 】【 SCORE 】【 AWAY 】
ロストフ0 - 1アトレティコ・マドリード
【GOAL】
0 - 1 (62分)

アトレティコ・マドリード : カラスコ






【水曜開催分 : 各クラブ所属グループ順位表】

[グループC(バルセロナ)]

順位チーム試合勝利分け敗北得点失点得点差勝ち点
決勝
T
 1 バルセロナ3300131+129
 2 マンチェスターC311177±04
EL 3 ボルシアMG310236-33
 4 セルティック3012312-91



[グループD(アトレティコ・マドリード)]

順位チーム試合勝利分け敗北得点失点得点差勝ち点
決勝
T
 1 アトレティコ330030+39
 2 バイエルン320192+76
EL 3 PSV301237-41
 4 ロストフ301228-61












関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ