スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

スペインサッカー前日ニュースおさらい(2016年10月27日号)
昨日(2016年10月26日)のスペインサッカーのニュースをチェック!! (試合結果は基本対象外)




≪バレンシアvsバルセロナのその後≫

ゴール後のトラブルについて競技委員会が裁定を発表


 スペインサッカー連盟(RFEF)の競技委員会は、22日にメスタージャで開催されたバレンシアvsバルセロナで、リオネル・メッシの決勝PK直後に起きたトラブルに対する裁定を発表。スタンドからバルセロナ選手に対するペットボトル投げ込みがあったバレンシア側には、注意と共に1500ユーロの罰金が下された。

 一方バルセロナの選手たちに対しては、「選手たちの振る舞いは自らの評価を下げるものだった」と記し、彼らの行動を非難。この競技委員会の見解に対し、バルセロナ側は公式声明を発表し、「競技委員会は被害者を罪人に変えてしまっている」などの言葉を用いて抗議を行っている。










≪バルセロナ≫

マテューは3週間の離脱へ


バルセロナは、25日に行われたエスパニョールとのカタルーニャ・スーパーカップで、先発出場しながら負傷交代となっていたフランス人DF、ジェレミー・マテューの精密検査の結果を発表。右脚ヒラメ筋の損傷が確認され、3週間の離脱の見込みであることが明らかにされている。





≪レアル・マドリード≫

L・バスケスとの契約を延長


 レアル・マドリードは、ルカ・モドリッチ、トニ・クロースの両MFに続いて、ルーカス・バスケスの契約更新決定を発表。2020年までとなっていた契約期限は2021年までに延長されることになった。

 昨シーズンにレアル・マドリードに復帰し、途中出場を中心に33試合出場4ゴールの成績を挙げていたガリシア出身MFは、25歳となって迎えた今シーズンもここまで途中出場が中心ながら12試合に出場。CLでは1ゴールも記録している。











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ