スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ルイス・エンリケ「全ての試合がトラップの試合になり得る」(バルセロナvsグラナダ:両監督前日会見コメントまとめ)







ルイス・エンリケ(バルセロナ監督)前日会見まとめ


【グラナダとの対戦に向けて】

「彼らができることを確認するための試合は少ないが、後退しての守備を展開し、トランジションを通して我々を苦しめてくるのがお決まりのパターンだ。この試合の難しさは、いつものホームゲームの難しさと変わらないだろう。あまり苦しまないゲームとなることを願っているよ」

「彼らは[4‐4‐2]もしくは[5‐4‐1]でプレーしてくるだろう。後退した相手と戦う準備ができているチームがあるとすれば、それは我々だ。ハイレベルな準備のためにルーカス・アルカラスのレバンテの映像にも目を通している。ただ、全ての試合がトラップの試合になり得るんだ」


【メスタージャでの件について】

「この件については既にコメントしているし、クラブもチームをサポートする声明を出している。私が更に何かを言う必要はないんだ。幸か不幸か我々は無限に続く論争というものに慣れているんだ」

「我々が獲得しているフェアプレーの賞が、我々のスポーツマンシップを物語っているし、我々は誰も傷付けたりしていない。我々が発信しようとしているクラブの価値はこういうところにあるんだ。このチームは、反スポーツマン的行為もカードを貰うことも少ないチームであり、証拠は明らかだと言える」

「また、今週に起きたことについては、既に十分な説明が行われている。私は明日のグラナダ戦に集中しているよ」


【下部組織選手について】

「個人に焦点を当てて話すことは、私は好きではないが、下部組織選手たちの姿勢には満足している」


【負傷者について】

「メディカルスタッフは、ラフィーニャとシレッセンについてはシティ戦で起用可能の見込みと見ているし、アルダもその可能性がある」

「負傷には注意を払っているが、ここでは多くの試合、多くの遠征が存在し、多くのコンタクトも存在する。負傷する可能性は存在してしまうものなんだ」


【ロナウド(元ブラジル代表)のコメントについて】

「彼の発言に驚いたかって? 私は君が私に対してそんな質問をしていることに驚いているよ。それぞれが思ったことを口にする権利を持っているんだ」


【L・スアレスの累積警告について】

「彼の起用に大きなリスクは存在しない。もし5枚目を貰っても、別の選手がプレーすることになるだけだ。私の手元には素晴らしいチームがあるのだからね」


【パコ・アルカセルについて】

「ゴールを記録するためには、ボールがゴールに入るという状況だけが欠けている。他のことはしっかりこなしているし、私は彼のパフォーマンスに満足しているよ」


【セルジ・サンペールについて】

「レンタルで出た選手は、慣れない世界を目にするわけであり、異なる環境に適応する必要がある。幸運を掴めていなくても、そうした状況を乗り越えることが重要なんだ」


【ジョゼップ・グアルディオラについて】

「彼はタイトルを勝ち取るだろう。批判というのは起きてしまうものなんだ」











ルーカス・アルカラス(グラナダ監督)前日会見まとめ


【バルセロナとの対戦に向けて】

「我々は自分たちの仕事に集中し、できる全てのことを上手く行わなければならない。カンプ・ノウでは更に高いレベルの注意が必要となるんだ」

「ここ1週間はスポルティング・ヒホン戦で良かった部分の維持を試みてきた」

「どんなビッグチームでも、カンプ・ノウで他のスタジアムのようにプレーすることはできないんだ」

「3バックは、プリメーラでは7、8チームが採用しているし、私もレバンテ監督時代に採用していた。またEUROでも多くのチームが用いていたね。今回の試合ではスタート位置に関係なく、2つの守備パターンを使い分けることになるだろう」


【チームの現状について】

「残留までの道のりが長いものになるだろうということを、我々は認識しなければならない。ただ、解決が可能な事柄ではあるんだ」

「我々は自分たちが今行っていることを信じなければならない」











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ