スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ルイス・エンリケ「前回の対戦と同じスクリプトとなることを期待している」(CL第4節火曜開催分:スペイン勢監督の前日会見まとめ)
ルイス・エンリケ(バルセロナ監督):マンチェスター・シティ戦前日会見まとめ



【シティとの対戦に向けて】

「前回の対戦と同じスクリプトとなることを期待しているよ。相手も我々もボールを持った時にはその保持を試み、ボールを持っていない時は奪取を試みる。持っている哲学は同じなんだ。構図は前回の試合と似たようなものとなるだろうね」

「我々は勝てば決勝トーナメント進出を決められる良い状況にある。ただ、そのためには素晴らしい試合をしなければならない。そして、素晴らしい試合をするということは、ボールの有り無しに関係なく、良いプレーを披露しなければいけないということだ」

「シティは違うことを行う可能性があるが、それでも我々のこの試合に対する神経の消耗は前回より少ないと言える。我々には前の試合という手本があるんだ」

「我々は試合のコントロールの仕方を知っておく必要がある。ただ、それ以前に我々はチームとしてやる気に満ちていると言えるよ」

「ペップにとっても楽しい試合となるだろう。3か月で彼は彼らしい質の高いチームを作り上げてきた。私は彼の哲学やアイディアが好きであるし、彼は前進を続けるだろう」


【負傷者について】

「シーズンに欠場者は付き物であるし、我々は今いる選手たちを通して試合にフォーカスする必要がある。私はプレー可能な選手たちを強く信頼しているんだ」


【セルヒオ・アグエロについて】

「個の力のある選手だが、彼がいるからといって試合に変化は起きない」


【アルダ・トゥランについて】

「どんな選手であっても戦線復帰は朗報と呼べる。基本的には彼が100%の状態で試合を迎えられると考えているよ」


【中盤の選手起用について】

「4~5人の選手が選択可能であるし、誰を起用するかに悩んで眠れなくなるということはないだろう」


【プレミアリーグのチーム指揮の可能性について】

「監督というのは世界の職業の中でも未来が特に不確かだと言えるが、今の私はそれについて考えていない。将来的に何が起きるのかは分からないが、現在の私はそのことに興味が無いし、現在を楽しもうとしている」


【ネイマールの件について】

「その質問は非常に退屈なものだ。私の興味は明日の試合にある」











ディエゴ・シメオネ(アトレティコ・マドリード監督):ロストフ戦前日会見まとめ



【ロストフとの対戦に向けて】

「相手は狙いがはっきりしているチームであり、自分たちの能力を生かす方法もよく分かっている。前回のアウェーでの試合と似たようなものとなると考えているし、我々の目指す方向に試合を持っていくために、インテンシティが伴った戦いをして行く必要がある」


【フェルナンド・トーレスについて】

「彼はプレーする予定だ」

「彼は期待をかければかけるほど、より良いレンスポンスをしてくれる選手だと言える。良いプレーを見せてくれているし、このチームにおいては、このコンペティションを制覇したことがある数少ない選手の1人でもあるんだ」

「彼がこのコンペティションのことをよく知っているのは確かだ。今回の彼はロストフで見せたプレーを再現する必要があり、それだからこそ、彼のスタメン起用を考えている」











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ