スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ジダン「重要なのは勝ち点3であり、私はそれだけに目を向けている」(CL第4節水曜開催分:スペイン勢監督の前日会見まとめ)
ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリード監督):レギア・ワルシャワ戦前日会見まとめ



【レギア・ワルシャワとの対戦に向けて】

「明日の試合は難しい試合になるだろう。相手はとても良いチームであるし、戦い方を分かっているんだ。彼らは結果の面で幸運を掴めていないが、対戦相手を苦しめることができる力を持っている。我々は相手をリスペクトしつつ、勝ち点獲得に向けてベストを尽くして行くつもりだ」

「相手の1選手に焦点を当てて話すことはしない。彼らはベルナベウでもとても良いプレーを見せ、その後もそれを続けているね。私は彼らの試合をたくさん見た。常に私は相手の試合のほぼ全てを見るようにしているんだ」


【無観客試合について】

「変わった雰囲気の試合となることは間違いないが、我々にとっては何も変わることはない。選手たちはプロであるし、彼らは試合の重要性を分かっている。我々のすべきことは試合に集中することなんだ。無観客試合であることによって、問題が存在しているとは考えていないよ。これはCLの1試合であり、試合開始からの集中が必要となる。私は2004年のローマでの無観客試合を経験していて、あれは珍しい経験だったと記憶しているが、これもサッカーの一部だ。試合に向けた我々の準備が変わることはありえないよ」

「無観客試合によるアドバンテージというものは存在しない。ホーム、アウェーということに関係なく、私は常に観客がいる中でのプレーを望んでいるよ。それがサッカーというものなのだからね。ただ、今回の我々は無観客試合を戦わなければならない。我々はいつも通りの準備をして試合に臨むよ。重要なのは勝ち点3であり、私はそれだけに目を向けている。選手たちも試合の重要性にだけ目を向けているはずだ」


【指揮100試合の達成について】

「嬉しく思うよ。この調子で試合数を増やして行きたいね。目の前には常に学習すべきことが存在しているんだ。私は今行っていることが好きだし、このクラブでより長い時間を過ごすことができるのを願っているよ」


【FWの起用について】

「私が知っていることはモラタもベンゼマも重要な選手であるということだ。それぞれが出場機会を得て行くことになるだろう。君たちの懸念事項が変わらないことは分かるが、私の君たちに対する回答も変わらない。他のことを口にすることはできないよ。私にとっては、グループというもの、チームというものが重要なんだ。明日誰がプレーするかは、試合で分かるだろう」


【中盤について】

「コントロールを失っているという意見には賛同しかねる。試合では常に難しさというものが存在しているし、90分間良いプレーを続けるというのは不可能なことだ。改善できるなら改善して行きたいのは確かだが、問題は中盤だけではなく全体に言えることなんだ」


【失点について】

「心配はしていない。失点することに対する不満は常にあるがね。サッカーにおいて、全てのことをコントロールすることは不可能だと言える。もちろん改善は可能であるし、練習の中で努力はしているがね」


【相手の過激派サポーターについて】

「これ以上何も起こらないことを願っている。特にスタジアムの外でね。私が言えることはこれだけだ。私は質問をした君と同じように、サッカーにとっての最善を望んでいるよ」











ホルヘ・サンパオリ(セビージャ監督):ディナモ・ザグレブ戦前日会見まとめ



【D・ザグレブとの対戦に向けて】

「私が目指しているものは1試合1試合進んで行くことだ。現在の我々はD・ザグレブのことに集中するべきであるし、バルセロナとの試合に目を向けることはない。この試合を勝てば、決勝トーナメントへの切符にかなり近づくことができるわけだし、私は日曜の試合を視野に入れてはいないんだ」

「ザグレブでの試合と今回の試合は別物になるだろう。前の試合のD・ザグレブは陣容を大きく変えて来たが、今回はレギュラーのメンバーがプレーするはずだ。彼らはヨーロッパリーグの出場権をかけてプレーしてくるはずだし、よりオープンな試合となるだろうね。インテンシティの高い試合となるだろうが、我々は試合の支配を狙わなければならない」


【ナスリの不在について】

「最近のナスリのパフォーマンスは優れたものであったが、ヒホン戦の後半における我々のプレーは、彼不在でも彼がいた時と同様のプレーができることを感じさせるような、興味深いものだったと言えるよ」

「我々は彼が不在の場合のプレーを学習しなければならない。難しいことではあるが、それが我々の義務なんだ」

「ナスリは明日の試合では出場不可能だが、日曜の試合については見てみる必要がある。どうなるかは全く分からないよ。今日すでにランニングを開始していたし、恐らく最初の想定よりは早くに戦線復帰できるだろう。彼は我々にとっての決定的な選手であり、チームは彼にかなり依存していると言えるんだ」

「今回の変更は、ローテーションによる変更というよりは、不在選手の穴埋めのための変更だ。パレハとナスリの怪我の影響で、システムの変更の可能性もあると言える。それでも、ピッチに立つのは最高の選手であるし、我々は決勝であるかのように戦う義務があるんだ」











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ