スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ルイス・エンリケ「シティ戦前半の大部分については、3年間で最高のプレーだったと言えるかもしれない」(セビージャvsバルセロナ:両監督前日会見コメントまとめ)







ホルヘ・サンパオリ(セビージャ監督)前日会見まとめ


【バルセロナとの対戦に向けて】

「私は彼らがクライシスの中にあるとは思わない。序盤戦の中での挫折を乗り越えているし、世界で3本の指に入るチームであると言えるよ。メッシの存在に加えて、彼らの持つクオリティというものは、実質的に彼らを止めることが不可能なチームにしているんだ」


【負傷者について】

「パレハは間に合わないが、ナスリについては待ってみる必要がある。他の選手については皆が良い状態にある」


【サミル・ナスリについて】

「彼の考えはプレーすることだ。与えているイメージが逆のことを示していることは、彼も分かっているがね。我々はギリギリまで待つし、試合前の練習後に判断するつもりだ」


【スーペルコパでの対戦について】

「あの時のセビージャは進化の過程にあったと言える。ただ、我々はバルセロナの力についても十分理解しているよ。彼らはどんな状況でも相手に打撃を与えることができるんだ」


【フォーメーションについて】

「欠場者の存在は4バックの採用を想像させるだろうが、他にも様々な可能性があると言える。我々は2つのシステムを使い分けてきたし、どちらも機能しているんだ」


【リオネル・メッシについて】

「バロンドールを2つ作るべきだろう。1つは彼のため、もう1つは他の選手たちのためのものだ。登場以来、彼は他の選手を大きく上回っている。比較不可能な存在を何かと比較しようとすることは間違いなのだよ」

「彼を止める方法は、彼をプレーに関与させないようにするか、彼にボールを渡さないようにすることだ。対バルセロナと対メッシの別々のプランが存在するんだ」











ルイス・エンリケ(バルセロナ監督)前日会見まとめ


【セビージャとの対戦に向けて】

「彼らは新たなプロジェクトの上で進化を続けているチームだ。良いサッカーを披露しているし、とても厳しい相手となるだろう。ただ、我々は既に夏に対戦しているんだ。あの試合は我々にとっての参考となるかもしれない。彼らはシステムを変えているがね。あの試合の再現を試みて行くよ」

「彼らはホームでアトレティコを含む5チームから勝利を奪っているし、簡単な試合とはならないだろう。このことは誰もが分かっている。どちらが優勝候補となることができるかは、明日のパフォーマンスにかかっていると言えるだろう」


【セルヒオ・ブスケツについて】

「彼は良い状態にあると見ているし、あらゆる面で貢献をしてくれている。ただ選手たちは機械ではないんだ」


【冬の補強について】

「いつも言っていることを繰り返すことになるが、バルサというクラブは、補強の必要の有無に関係なく、常に市場を注視するべきクラブなんだ」


【FIFAの最優秀選手賞について】

「私の選手全員が候補に入るべきだと思っている。候補外となった選手全員が、漏れたことを残念に思っているよ」


【シティ戦について】

「前半の大部分については、3年間で最高のプレーだったと言うことができるかもしれない。ベルナベウでの0‐4を含めてもね。我々はシーズンの最後に向けて手を尽くす必要がある。そして、少し慎重に行くことが、我々に良い結果をもたらすかもしれないと言えるよ」


【シティ戦後の口論について】

「それについて意見を言うことはしない」











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ