スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ロペテギ「選手たちがベストを尽くそうとしたハイレベルな試合だった」(イングランド戦試合後会見まとめ)

【試合内容について】

「PK以降は全てが変わってしまった。相手はスペースをより見つけやすくなり、我々をかなり困難な状況に置いたんだ。更に2‐0となり、状況はより難しくなった。彼らはインテンシティのあるプレーを披露していたんだ。ただ、終盤の我々は自分たちの信念、長所、クオリティというものを上手く引き出すことができていた。最終的には、伝説的なスタジアムでとても力のある相手を上回ることができていたと言えるよ」

「試合終盤のチームのメンタリティは、格段と良かったと見ている。我々には試合をひっくり返すための野心やパーソナリティがあった。素晴らしいレベルの選手たちが、そこにはいたんだ」

「相手の指揮官はとても良い仕事をしているし、とても力のあるチームを構築している。彼らのメンタリティは強靭であるし、それが我々のプレーを容易にさせなかったんだ」







「我々はシステムを変えなければならなかった。相手の最初のゴールが当初のプランを狂わせたんだ。センターバックたちにとってはかなり困難な試合となったと言えるね。ただ、彼らはスペースを発見したスピードのある選手と対峙しなければならなかったわけだし、私は彼らの働きを高く評価したいと思っているよ」

「インテンシティのある試合だった。選手たちがベストを尽くそうとしたハイレベルな試合だったと言えるよ」


【相手のハードなプレーについて】

「普通のことだ。これは勝利を争う試合だったのだからね。彼らにはインテンシティとパワーがあったが、タックルは正当なものであったし、悪意は存在していなかったよ」


【アスパスとエレーラのデビューについて】

「ポジティブに評価している。彼らはチームにインテンシティをもたらし、自分のチャンスを生かしていた。代表でプレーするために必要なクオリティやメンタリティというものを十分に示していたと言えるよ」












関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ