スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ルイス・エンリケ「楽天との合意は進歩を続けるためにプラスな合意だと言える」(バルセロナvsマラガ:両監督前日会見コメントまとめ)







ルイス・エンリケ(バルセロナ監督)前日会見まとめ


【マラガとの対戦に向けて】

「以前の監督のマラガと現在のマラガの間に関係性があるとは思わない。確かなのは、彼らがあふれ出る自信を持っていて、ゴールチャンスを作り出すのに、余計な努力を必要としないということだ。それにこの試合は、FIFAウィーク後の試合ということもあって、特別な注意を払うべき試合だと言える」


【リオネル・メッシについて】

「私はメッシがこれから何年もバルサにいることを想像しているし、バルサでの彼を常に見られるなら、それは素晴らしいことだと言えるだろう。ただ、そのためには不確定なことをクリアにする必要があるんだ。是非ともそうなって欲しいね。彼がここで引退するなら、それは素晴らしい歴史の1ページとなるはずだ」

「彼の状態はとても良い。マスチェラーノやネイマール、L・スアレスと同様にね。代表での勝利が彼らを落ち着かせていると言えるよ」


【イニエスタの怪我について】

「私がメディカルスタッフにプレッシャーをかけるということは、絶対にない。彼らの仕事を信頼しているんだ。クラシコに間に合おうが、そうでなかろうが、それが何かにとって決定的ということは、まずないよ。重要なのは、彼のしっかりした回復なんだ」


【マドリードダービーについて】

「我々が勝利できたら、間違いなく目を通すだろう。私としては、両者が敗れることを望んでいるよ」


【パコ・アルカセルについて】

「これは彼にとっての最高のチャンスだと言える。私は彼が良い働きをしてくることを確信しているよ。ただ、彼の目標はゴールを決めることではなく、チームが勝利を得ることなんだ」


【ネイマールについて】

「彼はプレーできる状態にある。皆と一緒に練習をこなしているし、完璧なコンディションだよ。南米の選手たちは長距離移動に慣れているんだ。今日練習に参加した者は、明日プレーできる状態にあると言えるよ」


【楽天とのスポンサー契約について】

「我々が進歩を続けるためにプラスな合意だと言える。クレたちにとってのビッグニュースだね。バルサのイメージというのは、クラブという枠を超越するものなんだ」


【メッシと今回のバロンドールについて】

「質問にするまでもない話だ。メッシは史上最高の選手なのだからね。そのことを疑うのは馬鹿げ照ると言えるよ」











フアンデ・ラモス(マラガ監督)前日会見まとめ


【バルセロナとの対戦に向けて】

「多くの選手が代表に参加していたし、試合に向けた準備は難しかったと言える。それでも、やりたいと思っている理想の試合にできるだけ近づけるように試みてきたつもりだ」

「プレーの方針についてはほぼ決定している。起用できる選手が少ないとはいえ、試合でプレーする者が良い試合をするのに十分な野心を持ってくれることを、私は確信しているよ」

「チームが近年のカンプ・ノウでの試合と同じレベルのプレーを見せてくれるのなら、それは嬉しいことになる。ただ、各試合や各シーズンというのは、異なるものなんだ。この流れが続いてくれることを我々は望んでいるがね」

「サプライズを起こせるかどうかは、瞬間や状況次第と言えるだろう。試合をコントロールできているなら、前からのプレスはオプションの1つとなるが、ボールを奪うのが難しいなら、退却する以外の選択肢はないだろう。ただ、そうするのはマラガだけではなく、カンプ・ノウでプレーするほとんどのチームがそうなんだ」


【怪我人について】

「我々はできるだけ多くの選手が起用可能となるように試みている。より大きな怪我に繋がるリスクを冒すのか、他のタイプの選手を起用するのかは、ギリギリに判断するつもりでいるよ」


【アウェーでの勝利無しが続いていることについて】

「カンプ・ノウがアウェーで再び勝ち始めるための完璧な舞台となるかもしれないね」











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ