スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ジダン「他の選手も最高だが、BBCは彼らを少しだけ上回っている」(CL第5節火曜開催分:スペイン勢監督の前日会見まとめ)
ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリード監督):スポルティング・リスボン戦前日会見まとめ


【スポルティングとの対戦に向けて】

「前回の対戦の内容は、私にとって驚きではなかった。彼らは素晴らしい試合をし、苦しみながら我々が勝利したんだ。明日の試合は新たな難しい試合となるだろうね」

「我々はハードワークをしなければならないし、相手のファンや難しいピッチという条件も相まって、試合が難しいものになるのは間違いない。私にとって重要なのは、準備できた状態で試合に臨めるかどうか、そして、最初から最後までハードワークできるかということなんだ」


【ベンゼマとS・ラモスの先発について】

「明日を見てみよう」


【採用するシステムについて】

「それぞれが我々のやっていることについての意見を言う権利を持っているが、3人か4人かということは重要ではないんだ。私は勝つことができると思えるチームを選択している。私のもとには最高の選手たちがいるわけで、配置方法は重要ではないと言えるよ。選択した選手でベストを尽くすという考えは常に変わらないんだ」


【2位通過の可能性について】

「それは想定していない。我々は常に勝ちに行き、首位を狙うチームなんだ。戦いを終えた後に順位に目を向けることになるだろう」


【BBCの存在について】

「彼らはアンタッチャブルな存在ではないが、最高の選手たちだ。他の選手も最高だが、彼らは少しだけ上回っていると言えるよ」


【ジェルソン・マルティンスについて】

「彼はマドリードでの試合で素晴らしいプレーを見せたし、明日の試合でも同様のプレーを見せるだろう。彼は素晴らしい選手であるし、我々は彼のプレーが悪いものになるように試みて行くつもりだ」


【リーガとCLの切り替えについて】

「それぞれの試合はそれぞれ違うものであるし、選手との会話も重要になるかもしれないね。我々の考えは良い形で試合に入ることであり、最初の1分から最後まで良いプレーができることを願うよ」


【イスコ・アラルコンについて】

「彼の本来のポジションはトップ下だ。彼は常に10番の位置でプレーして来たし、私もそこでのプレーがより良いと思っている。ただ、彼は様々なポジションのプレーが可能であり、それを示して来ている。彼の現在のプレーは素晴らしいものであるし、明日どんなチームで臨むことになるのか見てみようじゃないか」


【クリスティアーノ・ロナウドについて】

「どんな時でも彼は一撃を食らわせることができる選手だ。更に序盤も終盤も変わらないプレーができる。明日も3ゴールを決めてくれることを期待しているよ」











ホルヘ・サンパオリ(セビージャ監督):ユヴェントス戦前日会見まとめ


【ユヴェントスとの対戦に向けて】

「イグアインやディバラがいない場合、恐らく彼らは多少異なるチームとなるだろうが、それでも非常に危険なカウンターアタックができるチームに違いはない。試合の面でも順位の面でも我々を苦しめるだろう」

「私の今の目標は決勝トーナメント進出であり、それを決めた状態でリヨン戦を迎えられることを目指している。どのような未来になるか見てみよう」

「ユーヴェは、最後のザグレブでの試合でも、決勝トーナメント進出を決められる可能性がある。一方で我々は、敗れればリヨンで生き残りを懸けることになる可能性がある。そういう意味では、彼らの方が我々より落ち着いて試合に臨めると言えるね」


【サミル・ナスリについて】

「出場できるかどうかは、もう少し考える必要があるし、我々としてはリスクを冒すことはしたくない。我々の考えは、彼が良い状態にあり、未来への影響がない場合にプレーするというものなんだ」


【前回の対戦について】

「我々は相手のプレーを上手く無効化できていたが、我々自身の攻撃が繰り出せていなかった。今回のプランは前回とは異なるだろう。そのプランが我々を決勝トーナメント進出に導いてくれるか見てみよう」












関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ