スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ルイス・エンリケ「メッシは先発でプレーする」(CL第6節火曜開催分:スペイン勢監督の前日会見まとめ)
ルイス・エンリケ(バルセロナ監督):ボルシアMG戦前日会見まとめ


【ボルシアMG戦に向けて】

「全ての悪い事柄に対する良薬が勝利なんだ。我々はここまでほぼ完璧なグループステージを過ごして来た。この試合は重要性こそ高くないが、本拠地カンプ・ノウでの試合であり、CLの試合なんだ。勝利に値するチームになることを試みるよ」

「この試合では、システムを試したり、選手に休息を与えたり、別の選手を起用したり、様々なことが可能だと言える。ただ、個々の部分の前に全体的なプランというものが存在しているんだ」


【今回の試合とチームの精神面の関係について】

「勝利というのは全ての悪いことに対する解決策と言えるし、我々はそのことを分かっている。1位通過を決めていることから、最大級のモチベーションというのは存在しない。だからこそ、ファンと一緒にこの試合を楽しむことが、この試合における目標だと言えるね」


【ファンについて】

「ファンの士気が低下しているとは見ていない。私が目にしているものは、とてもポジティブなものだよ。私からのメッセージはいつものと同じだ」


【イニエスタの復帰について】

「繰り返しになるが、選手の復帰は朗報と言えるし、それがキャプテンなら尚更のことなんだ。彼は素晴らしいパフォーマンスを見せていたよ」


【最近の躓きについて】

「シーズン中に普通に起こり得ることだ。素晴らしい結果を4試合連続で出した時も、勝利を得られなかった時も、それを誇張すべきではない。ただ、これは監督としての見方と言えるよ」


【プランとチームの現在について】

「我々のプランは、全てのタイトルを勝ち取るために全てのコンペティションでの戦いを継続するというものだ。リーガは3分の1が終わり、CLは何%が進んだのか分からないが、国王杯は序盤を戦っている。3月、4月、5月といった月を全てのタイトルの可能性がある状態で迎えるために、前進して行きたいと思っているんだ」


【5バックの守備網の打開策について】

「広さ、深さのある攻撃、2列目からのミドルシュートがカギとなる」


【リオネル・メッシについて】

「先発でプレーする」


【チームの姿勢について】

「姿勢について話されているのなら、それは誤りだと言える。私は選手たちの姿勢が欠如しているのを見たことがないんだ。全ては結果が静めてくれるだろう」


【クラシコの結果について】

「我々は既にコメントしている。私が目を向けているのはこの後やってくる試合だ」


【ネイマールについて】

「この間の試合での打撲を引きずっている。ただ、出場停止でなかったら、彼は起用可能な状態だったと言えるだろう。そして、出場停止であるために、我々はトレーニングの負荷をコントロールできるんだ。彼は十分に回復する必要があるのだよ」


【チームに発信したメッセージについて】

「私のメッセージを明らかにする規則は存在していない」


【チーム状況について】

「悪い状況ではなく向上可能な状況だと言えるんだ」











ディエゴ・シメオネ(アトレティコ・マドリード監督):バイエルン・ミュンヘン戦前日会見まとめ


【バイエルンとの対戦に向けて】

「相手の重要性や試合の重要性に関係なく、我々は意欲十分な状態で試合に臨む。勝ち点よりプライドが前に来る試合というのが時々存在するが、明日はまさにその日であると言えるよ」

「バイエルンは攻略するのがかなり困難なチームであると、私は考えている。ペップのチームとアンチェロッティのチームの間にはシステムの違いが存在するが、彼らがリーグ戦やCL、国内カップ戦を勝ち取るなら、前任を上回っていると言われることになるだろう」

「相手がクライシスの中にいたとは考えていない。どんなチームもシーズンの間に困難な時期を迎えるものなんだ」

「我々は何年も同じスタイルでプレーして来ている。相手の特徴に関係なく、この試合が我々にとってプラスな試合となるように試みて行くよ」


【ドイツ勢のスペイン勢に対する相性の悪さについて】

「それは世界最高のチームたちと対戦しているからであり、その状況が彼らを困難に陥れていると言えるね」


【自身の将来について】

「私の将来はとてもハッキリしている。コメントすることは何もないよ」


【息子の『父はいずれインテルと契約することになる』発言について】

「息子とはよく話をしている。私の息子や妻、父親は皆、私がいつの日かインテルを率いることになるということを知っているんだ。何も驚くことではないよ」


【ヤン・オブラクについて】

「彼は年々成長している。モジャが最高のパフォーマンスを見せていた中で、スタメンを勝ち取れたのは大きな一歩だったと言えるよ。彼は努力を重ね、チャンスを待ち、力を付けた。そして今いる場所を勝ち取ったんだ。彼は現在の最高のGKの1人と言えるよ」











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ