スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ジダン「現在の雰囲気は素晴らしいものだが、こうした雰囲気は一変する可能性がある」(レアル・マドリードvsデポルティーボ:両監督前日会見まとめ)
ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリード監督)前日会見まとめ


【デポルティーボとの対戦に向けて】

「これはトラップの試合だ。彼らの最近の出来だけでなく、順位表の上での彼らの珍しい状況からも、それは言えるんだ。試合が難しいものになることは分かっている。これは今年最後のリーガの試合であるし、準備を整えるつもりだ」


【カリム・ベンゼマについて】

「プレー可能な状態ではあったが、休ませることにした。我々にはまだまだたくさんの試合があるのだからね。明日は他の数選手と同様に休養を得ることになるだろう」


【無敗記録について】

「ここでは多くの監督が多くの物事を勝ち取って来た。我々にとって重要なのは、現在やっていることを継続して行くことなんだ。そして私にとっては、選手たちがやっている全てのこと、そして彼らの意欲というものが重要だと言える。現在の雰囲気は素晴らしいものだが、こうした雰囲気は一変する可能性がある。だから、こそ我々は注意を払う必要があるんだ」


【優位性を高めるチャンスという視点について】

「現在の勝ち点差は十分なものとは言えない。他のチームのことが重要でないということはないが、我々自身がやっていることの方が私にとっては重要なんだ。他のチームがやっていることは変わりようがないのだからね。明日は重要な試合が控えており、我々は勝ち点3を勝ち取りたいと思っている。デポルは素晴らしい試合をしに来るはずだ」


【脱税疑惑の影響について】

「もちろん、その影響はあるだろう。ただ、彼らは選手である前にインテリジェンスのある人間であるし、何をしているかは分かっているはずだ。私はとにかく全てが早く明らかになることを願っている。我々はサッカーのこと、試合に勝利することだけを考えたいんだ」


【チーム状態について】

「このチームはあらゆる意味でとても良いチームだと言える。全員が友人関係ということはないが、互いをリスペクトし合っているし、そのことが重要なんだ」


【ハメス・ロドリゲスについて】

「冬でここを去ることはないだろう。私は出て行ってほしくないと思っている。明日の先発出場については、明日の試合を見てみよう」


【アルバロ・モラタについて】

「明日の試合では先発出場する予定だ。彼はプレーする意欲十分であり、良いトレーニングができている」


【これから先について】

「未来に起こることは何も分からない。ただ、我々はハードワークを試みるし、雰囲気に注意を払いながら進んで行く。重要なのはハードワークなんだ。それだけが重要だとは言わないが、最も重要であるとは言える。クリスマス休暇の後にそれが変わるとは見ていないよ」

「我々は全てを勝ち取るためのハードワークができていたし、この1年はとても良い1年だったと言える。これを継続できることを願っているよ。ただ、将来的には難しい局面もあるだろうがね。今の働きを続けられるなら、夢を見続けることは可能だろう。我々は現在の方向性を継続できることを願っているよ」











ガイスカ・ガリターノ(デポルティーボ・ラ・コルーニャ監督)前日会見まとめ


【レアル・マドリードとの対戦に向けて】

「私は『失うものは何もない』という言葉が全く好きではなかった。失うものがたくさん存在するなら、我々には積み重ねが必要だと言える」

「引き分けでもとても良い結果と評価できるだろう」

「レアル・ソシエダ戦(5‐1)のような勝ち方をすれば、調子の継続を願うものだが、次がベルナベウなら、簡単なミッションだとは言えない。それでも我々は、良い試合をし、何かを持ち帰るための膨大な意欲を持っているんだ」

「彼らは途轍もないフィジカルが特徴のチームであるし、恐らくその面で世界最高と言えるかもしれない。100%の戦いが仕掛けられなければ、そのチームは大打撃を食らうことになるだろう。上手く守る本格的なチームとなることが求められるわけだが、私はそれができると信じているよ」











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ