スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

スペインサッカー前日ニュースおさらい(2016年12月28日号)
昨日(2016年12月27日)のスペインサッカーのニュースをチェック!! (試合結果は基本対象外)




≪アトレティコ・マドリード≫

シメオネがIFFHS選出の年間最優秀監督に


 国際サッカー歴史統計連盟(IFFHS)が2016年の年間最優秀監督賞の受賞者を発表し、アトレティコ・マドリードを率いるディエゴ・シメオネが初受賞を果たした。アルゼンチン人指揮官の同賞受賞は、2003年のカルロス・ビアンチ監督(当時ボカ・ジュニアーズ)以来となっている。

 一方、CL制覇を果たしたジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリード)は、シメオネと5ポイント差で2位に。セビージャでEL3連覇を達成したウナイ・エメリ(現PSG)は5位に入り、前年の同賞受賞者でバルセロナをプリメーラに導いたルイス・エンリケは6位にランクインしている。


【IFFHS:2016年監督ランキングTOP7】

・1位:113ポイント
ディエゴ・シメオネ(アトレティコ・マドリード)

・2位:108ポイント
ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリード)
・3位:86ポイント
クラウディオ・ラニエリ(レスター)

・4位:62ポイント
ジョゼップ・グアルディオラ(バイエルン・ミュンヘン⇒マンチェスター・シティ)

・5位:38ポイント
ウナイ・エメリ(セビージャ⇒PSG)

・6位:24ポイント
ルイス・エンリケ(バルセロナ)

・7位:16ポイント
ユルゲン・クロップ(リヴァプール)












≪レガネス≫

セランテスが契約延長


 レガネスは、プリメーラ昇格の立役者の1人で12月前まで正守護神を務めていたGKジョン・アンデル・セランテスとの契約更新を発表。今シーズン末までとなっていた契約期限は2020年までに延長されている。

 レガネスと共にプリメーラデビューを飾ったセランテスは、今シーズンここまでプリメーラ13試合に出場。しかし、11月26日に開催された第13節エスパニョール戦で、前十字靭帯断裂の重傷を負い、長期離脱を強いられていた。











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ