スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ジダン「1つ1つのプレーや試合に100%の力を注がなければならない」(レアル・マドリードvsマラガ:両監督前日会見まとめ)
ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリード監督)前日会見まとめ


【マラガとの対戦に向けて】

「良いことはここ2試合の流れを変えるための試合が既に目の前にあることだ。回復するための時間は少ししかなかったが、我々は準備ができている。試合の最初からベストを尽くすつもりだ。我々のプレーアイディアに変化を加えることはしないよ」

「彼らの最近の試合結果は彼らにとってポジティブなものではないが、それ自体に意味は無い。試合が難しいものになることは分かっている」


【クリスティアーノ・ロナウドについて】

「君たちの問題は常に批判を行おうとすることだ。ゴールを決めなかった時や、いつもと違うポジションでプレーした時などね。彼はそうしたことに慣れている。我々はマラガとの試合で良いプレーができるように集中しているし、それは彼も同じだ」

「彼は9番の位置でプレーしていたが、我々は彼が今までのキャリアでどのようにプレーしてきたかを知っている。彼のお気に入りのポジションは、左サイドであるし、この事実は今後も変わらないだろう」

「彼は良い状態にある。このチームの違いを生み出してくれる存在なんだ。悪いプレーの試合もあるだろうが、私も選手時代は時々良いプレーができていなかった。問題は無いよ。重要なのは努力を続けることなんだ」

「厳しい瞬間を迎えているのは全体的な話だ。敗れた時に世界が騒がしくなるのは間違いないことであるし、普通のことだと言える。我々は批判も含めてそれを受け入れる必要がある。努力を続け、状況をひっくり返さなければならないんだ」


【ダニーロについて】

「ファンはチームをサポートしてくれる存在であるし、彼らのブーイングはダニーロだけに向けられたものではない。その一方で、彼について言われていることや書かれていることは不当なものだと言えるね。彼はプロフェッショナルな人間であるし、常にチームに貢献してくれている。良い時も悪い時もあるかもしれないが、私は彼が良いプレーを見せていると見ている。向上の余地はあるかもしれないが、それは皆が同じだ」

「彼は最高のバージョンの披露に向けて努力しているが、それは他の選手も同様だと言える。そして、彼はより良いプレーができるかもしれないが、それも他の選手と同様だ。ファンはチームやダニーロを後押ししてくれるはずだし、彼はチームメートや監督のサポートを受けている。私は1000%彼を信頼しているんだ」


【公式戦連敗という状況について】

「我々は自分たちの仕事に集中している。これはサッカーであるし、常に勝利することは不可能なものだ。時々は悪い瞬間もあるし、それでも前進を続けなければならない。我々はあらゆるプレーにおける集中力をより高める必要があるが、私は心配していないよ」

「チームの状態は良く、私は心配していない。悪いプレーをしているとは思わないよ。試合の序盤は最悪のプレーをしていたように思えたが、最終的にはそうではなかった。唯一無二の事実は、我々がミスをし、相手がそれを生かしたということなんだ。私がそんなに批判的になることはない。2連敗で何かが起きたと考えるのは普通のことであるし、それを分析する必要が我々にはある。私は自分の仕事を続けるし、それは選手もそうだ。この状況は変わるだろう。こうしたことはもう一度起こる可能性があるものだが、常に修正可能であるし、我々は前進するためにベストを尽くして行くんだ」

「我々は1つ1つのプレーや試合に100%の力を注がなければならない。私はサッカーをプレーしていたのであり、こうした瞬間があることは分かっている。我々はこの状況を間違いなく過去のものにするだろう。信念と共にね。私はプレッシャーのもとにいるが、このクラブの監督に就任すればそれに晒されるのは普通のことだ。最後の日までプレッシャーはあるだろうが、それに恐怖を抱くことは無い。プレッシャーは私を良い仕事に導くんだ」

「何かが壊れたというわけではない。一方で我々が2連敗を喫し、我々に勝利した2つのチームがとても良いチームであるというのは間違いない。今は自信を取り戻し、努力を続ける必要があるんだ」


【ハメス・ロドリゲスについて】

「まだふくらはぎに違和感を抱えているが、来週月曜にチームに再合流できることを願っている。他の負傷者と同様に、彼は努力を続けているんだ」











マルセロ・ロメロ(マラガ監督)前日会見まとめ


【レアル・マドリードとの対戦に向けて】

「私は相手が持つ力を懸念してはいない。我々は他のチームとの試合の時と同じような形でレアル・マドリードに挑むだろう。試合のインパクトは他の試合とは同じにはならないだろうがね」

「私は常に勝ちに行くように言っている。強豪相手に恐れを抱きながら試合に臨むべきではないんだ。素晴らしい雰囲気の中でもプレーできるような冷静さを持ちつつ、立ち向かって行く必要がある。そして、選手たちはこの試合を決勝のようにプレーしなければならない。これは相手がレアル・マドリードだからというわけではなく、この次の試合も同様だ。我々は全ての試合を同じ目線で捉えているんだ。できるだけ早く勝ち点を稼ぐという目標のもとでね」

「我々の選手はスピードと能力があり、セルタのようなチャンスがあると言える。何故、我々にそのチャンスが無いと言えるんだい?」

「彼らはレアル・マドリードであり、我々はマラガだ。我々は我々の試合をしなければならない。勝ちに行き、ホームに良い結果を持ち帰らなければならないんだ」


【デミチェリスの出場の可能性について】

「彼にも他の選手と同様に出場の可能性がある。それはケコも同じだ」

「デミチェリスはベテランであり、チームに波及するような落ち着きを持っている。戦術面では何かを彼に言う必要はないんだ。若手選手にとっては手本となるだろう」











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ