スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ルイス・エンリケ「前にいるチームにプレッシャーをかけるために勝利が必要なんだ」(エイバルvsバルセロナ:両監督事前会見まとめ)
ホセ・ルイス・メンディリバル(エイバル監督)事前会見まとめ


【バルセロナとの対戦に向けて】

「彼らのスタイルにおいては、誰も彼らを上回ることができない。更に現在の彼らは波に乗っていると言えるね。彼らのようなチームに対しては、“攻める”と“待ち構える”の2つの選択肢があるが、我々は前者を選択するつもりだ」

「彼らとポゼッションで張り合うことはしたくない。それはほぼ不可能なのだからね。我々は相手陣内で多くの時間を過ごせるように試みるつもりだ。もし我々がこのようなチームに常に勝利できるなら、バイエルンとエイバルの立場を交換することが可能になるだろうが、物事には限界というものが存在する。ホームチームらしく戦うことができれば、チャンスもあるだろう。しかしながら、試合の難易度はかなり高いものとなるはずだ」


【国王杯での完敗について】

「我々はミスを犯し、彼らはそれを生かした。その時点から我々は自分たちのプレーを忘れてしまったんだ」

「あの試合とこの試合はかなり違うものだが、どちらの相手チームもかなり力のあるチームであることは間違いない。もし、我々が再びミスを犯せば、相手は大量の得点を奪うだろう。ただ、私はこのチームがバルサに立ち向かう準備ができていると見ているし、我々は良いプレーができるはずだ」











ルイス・エンリケ(バルセロナ監督)前日会見まとめ


【エイバルとの対戦に向けて】

「メンディリバルが言っているように、彼らは我々にプレスを仕掛けてくるだろう」

「前にいるチームたちにプレッシャーをかけるために、我々にはいくつかの勝利が必要な状態にあるんだ」


【イニエスタの欠場について】

「イニエスタが欠場するからと言って、何かが変わることはない。我々の目標は選手がいるかいないかに関係なく同じものなんだ。プレーアイディアも変わることはない」

「イニエスタに近い選手は1人もいない。このチームどころか世界中を探しても同じことが言えるだろう。これは問題だと言えるね。私の手元にはそのポジションの良い選手がいるが、イニエスタに似ている選手は世界には存在しないんだ」

「彼のフル出場が6試合にとどまっているのは、可能と見た時に指揮官が休息を与えているからだ。私は出場時間についてのコントロールを行うように試みている。負荷に応じているわけだが、結局サッカーには接触プレーが存在するし、負傷が発生するのはよくあることなんだ」


【昨シーズンの無敗記録ストップ時のチームへの言葉について】

「もう覚えていないよ。昨シーズンのことだからね。回想することはできないよ」


【チーム状態について】

「2017年の最初からチームのパフォーマンスは私が求めていたものをクリアしている。私は満足しているんだ。我々は維持しつつ向上して行きたいと考えている」


【イプルアのピッチ状態について】

「現在の予想から私がピッチの状態を懸念しているのは確かだ。イプルアのピッチは大抵パーフェクトなのだがね。このショーに影響がでないことを願っているよ」


【メッシのフィジカルコンディションについて】

「彼はあらゆる面でとても良い状態にある」











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ