スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ルイス・エンリケ「宿題をやる時に他の者に目を向けても意味はない」(レアル・ベティスvsバルセロナ:両監督事前会見まとめ)
ビクトル・サンチェス(レアル・ベティス監督)事前会見まとめ


【バルセロナとの対戦に向けて】

「ベティスのファンは恐れを抱かない。むしろ全く逆のことを私に示してくれているよ。彼らはチームへの疑いのない愛情を持っているし、どんな相手に対しても恐怖は抱かない。バルセロナは力の相手であるし、彼らとの試合は一種の挑戦と言えるが、我々は彼らと同じ目標を持っているんだ」

「どんな相手との試合でも、ホームで戦うということは我々にとって最大級のモチベーションになる。試合の難易度からこの試合に対する熱量は増すと言えるが、それ以外の事柄はいつもと変わらないだろう」

「我々はあくまで自分たちの順位が上になるように勝ち点3を狙いに行く」

「いつがバルセロナと対戦するベストなタイミングかどうかということは、誰にも分からないことだ。彼らが最高の状態であろうが、最悪の状態であろうが、試合ではあらゆることが起きる可能性があるんだ」

「彼らのようなレベルのチームとの試合は難しいものになるものだ。ただ、素晴らしい試合でもあり、情熱的な挑戦であるともと言える。我々は全ての熱意を注いで準備をしているが、それはファンにとっての素晴らしいお昼になる良い機会であるからなんだ」


【MSNについて】

「レベルの高さからして、彼らは世界最高の前線だと言えるよ」


【ブスケツの不在について】

「マスチェラーノの存在は1つの解決策であるし、ラキティッチもそうだと言える。バルセロナはブスケツがいる以内に関係なく彼らの哲学を維持できるんだ」


【レフェリングについて】

「レフェリングについては常に様々なことが語られているし、多すぎるくらいだが、我々は試合前にも試合後にもそのことを話すことはしない。審判たちができるだけ最高のレフェリングをしてくれるように願う必要があると言えるよ。彼らはよく準備しているし、パフォーマンスのレベルも高い。もちろん、ミスもあるし、それが試合への結果に影響する場合もあるが、私はそれが過剰だとは思っていないよ」


【冬の補強選手について】

「トシュカは我々が望んでいた左センターバックの補強選手だ。そこには本職の選手がホセ・カルロスしかいなかったわけであり、ポリバレントな良いセンターバックを獲得できた。ルベン・パルドについては、我々の中盤の全域をカバーできるクオリティのあるMFが加わったと言えるね」

「彼らは問題なく2つの練習をこなしている。トシュカは疲労した状態で到着したが、問題なく練習をこなしていたし、先発出場する準備はできていると考えている。R・パルドは出場機会が少なかったわけだが、彼についても同様だ。彼らは先発出場可能な状態にあるよ」

「補強については、市場が閉まる最後の時までオープンだと言えるが、このことは監督の仕事ではなく、スポーツ部門の仕事なんだ」











ルイス・エンリケ(バルセロナ監督)前日会見まとめ


【ベティスとの対戦に向けて】

「前半戦で戦ったベティスとは様々な変化した点がある。主なものは監督交代だね。以前の対戦で彼らは5バックを採用していたが、ビクトル監督はそれを正式に採用して試合をこなしている。彼らは良い方向に進んでいるし、彼らが自身のホームで我々の前に立ちはだかることになると私は確信しているよ。我々のレベルは彼らの撃破を試みるのに十分なものとなっているが、試合は難しいものになるだろう」

「私の興味のあるものは、このビジャマリンでの試合であり、この試合での勝ち点3の獲得だ。それこそが上位のチームに近づける唯一の方法なんだ。宿題をやる時に他の者に目を向けても意味はない。我々は良いパフォーマンスを発揮するために自分自身に集中する必要があるんだ」


【国王杯でのアトレティコとの対戦について】

「この段階まで進むと、どんな他のチームもハイレベルなチームであることは当然だと言える。お互いにとって厳しい試合となるだろうが、最高の刺激のある試合であるし、決勝でプレーできるという褒美もあるんだ」


【負傷のイニエスタについて】

「復帰時期は回復の進捗次第という状況であり、それが我々に伝えられている情報だ。いつ復帰できるかは私には分からないし、私の手元にある情報は君たちの手元にあるものと同じなんだ」


【後半戦に向けて】

「良いスタートが切れるとは明言できないが、良い形で終えることになると言いたい。我々は良い流れの中にいるんだ。これからの試合が決定的なものになるとは思わないし、我々を含めた全てのチームが取りこぼしをするだろう。その割合に目を向けるべきなんだ」


【マスチェラーノの中盤起用について】

「全ての可能性を提示しておきたい。常に試合の前に情報を出すわけではないし、私はそれを最初に選手たちに伝えたいんだ。私のもとには良い選択肢が多く存在していると言えるよ」


【中国行きの可能性について】

「将来に何が起きるかは分からないし、他のシーズンでそうなるかどうかも分からない」

「選手たちがより多くのお金を稼ぐためにリーグを変えることは良いことだと私は思う。君たちの職業ではそうしたことは祝われるが、選手たちがそれを言うと、裏切り者と言われるんだ。サッカーの世界で起きてることは、おかしなことだね」


【自身の契約が今シーズンまでとなっていることについて】

「私の契約は素晴らしいものだ」











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ