スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ジダン「ベルナベウの雰囲気は全く心配していない」(レアル・マドリードvsレアル・ソシエダ:両監督前日会見まとめ)
ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリード監督)前日会見まとめ


【前半戦の内容について】

「とてもポジティブな内容だったと言える。我々はリーガとCLで戦いを続けているんだ。ここまでの我々の出来には満足している。後半戦で我々がしなければならないことは、前半戦と変わらない戦いをすることなんだ。難易度の高さは承知しているが、同時に素晴らしい後半戦になると我々は思っているよ」


【ダニーロについて】

「重要なのは、彼が準備万端の状態にあり、その上で排除されないことだ。彼はパーソナリティのある選手であるし、信頼も得ている。チームメートからはもちろん、皆からのサポートが必要なんだ」

「私はファンがこのチームを後押ししてくれると信じている。我々は彼らと共にいるし、彼らも我々と共にいる。私はファンを強く信じているんだ。彼らの要求は高いが、それは良いことだと言える。我々はファンのサポートと共に試合を勝利して行くだろう」


【フロレンティーノ会長について】

「彼は時々我々のもとを訪れるんだ。彼のメッセージは我々にとってポジティブなものであるし、彼は我々全員を励ましてくれている。我々には会長とクラブのサポートがあるんだ」


【ベルナベウの雰囲気について】

「私は全く心配していない」


【カリム・ベンゼマについて】

「彼の調子について心配するべきではない。彼は既に素晴らしいシーズンを過ごしている。我々は彼がピッチ内でもたらすことができる物事を知っているんだ。一方で、ファンはより高みを望むし、我々は全てを受け入れる必要がある」

「彼もパーソナリティのある選手であるし、排除されることはない。私は常に彼をサポートして行くつもりでいるよ。状況の厳しさが増せば増すほど、外野は彼を不愉快にさせようとするものなんだ」

「彼を優遇してはいない。彼はモラタやマリアーノと同様にレアル・マドリードの9番の1人なんだ。そして、選手全員が私のお気に入りだと言える。ただ、君たちは君たちの仕事をしているし、批判は受け入れる必要がある」

「私と彼の唯一の共通点があるとすれば、フランス語が話せることくらいだが、それ以外の部分は他の選手と同じだと言えるよ」

「ゴールも決めているし、彼のパフォーマンスはそんなに悪くは無い。彼により多くを要求して行くのは変わらないだろう」

「全員が人々の批判の対象となるのは普通のことであるし、彼もこれから批判の対象であり続けるだろう。ただ、彼は強い人間なんだ」


【マルセロについて】

「1か月間の離脱とならないことを願っている。芝生の上に立つ彼を目にするのは嬉しいことではあるが、我々が馬鹿な真似をすることは無いんだ」


【ファビオ・コエントランについて】

「彼を信頼していないという話は真実ではない。彼は回復の途上にあるんだ。現状は普通のことだと言えるよ。これからシーズンの最後までも、他の選手と同様に私は彼を信頼し続けるだろう」


【ハメスの復帰時期について】

「我々は彼が来週に合流できると見込んでいる。今回は何も起こらないことを願っているよ」


【ソシエダとの対戦に向けて】

「国王杯敗退の影響は何もないと考えている。ラ・レアルはいつも通りに我々を苦しめるだろう。試合に勝利し続けていた時期もあったし、ピッチ内での好調は維持している。彼らはとても良いチームなんだ」











エウセビオ・サクリスタン(レアル・ソシエダ監督)前日会見まとめ


【レアル・マドリードとの対戦に向けて】

「彼らは2つの悪い結果を経てこの試合を迎えるわけだが、勝利というものは永遠ではないんだ。更にチームが好調だった時から変化したわけではない」

「ベルナベウでの試合は常に難しいものになるが、このチームは力を発揮して良い試合をする準備が整っていると私は見ている。リーガでの好調を維持する勝利を得るための野心を我々は持っているんだ」


【サルドゥアの状態について】

「昨日はグループ練習に参加できていたし、良い感触を持っている。ただ、違和感が続いているのも確かだ。我々は決断を下さなければならないね。もしリスクがないと見られるなら、彼は我々と共に試合に臨むことになるだろう」


【国王杯の敗退について】

「我々は大丈夫だ。もちろん、敗退という事実に対する少しの悲しみはあるがね。大きなことを成し遂げようとする野心は持っていたし、それができるという確信もあったんだ」

「我々の前にはリーガの重要な試合があるわけであり、我々は立ち上がらなければならないんだ。重要な試合の勝者となるためには、より多くの物事をこなさなければならない。それがベルナベウでできるかどうかを明日の試合で見てみようじゃないか」

「いくつかのところで良い部分があったのは事実であるし、それはこの試合に有効活用できるだろう。あの試合で学んだことや経験したことを生かせるように、試みて行くつもりだ」


【ユーリの出場停止について】

「我々の申し立ては通らなかったし、委員会の決定を受け入れなければならない。ただ、我々には彼の穴を埋める選択肢が存在しているんだ。その1つが下部組織のケビンであると言えるよ」


【ルベン・パルドのレンタル放出について】

「彼はこのクラブを出て、他のクラブで出場機会を得るという決断をした。彼はそれができると確信しているんだ。私は彼の決断をリスペクトしている」











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ