スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ルイス・エンリケ「バルサ選手に対するキャンペーンは、常に同じようなメディアからやって来ている」(バルセロナvsA・ビルバオ:両監督前日会見コメントまとめ)
ルイス・エンリケ(バルセロナ監督)前日会見まとめ


【A・ビルバオとの対戦に向けて】

「彼らのハイプレスにより、試合は難しいものになるだろう。プレスを掻い潜った場合でも、スペースができることは分かっているし、我々は十分に注意を払う必要がある。お互いのこの試合に向けた考えは明らかであるし、彼らも我々も相手がやってくることは分かっているんだ」

「我々はリーガ後半戦の序盤にいるのであり、試合での勝利が必要だと言える」


【負傷者の状態について】

「イニエスタとブスケツは、グループ練習には復帰したが、メディカルスタッフの判断が必要なんだ」


【ネイマールについて】

「私の手元の選手たちは最もファールを受けている一方で、処分を受ける頻度が高い。ただ、我々の望んでいることはサッカーをプレーし続けることなんだ。以前はダイバーだと主張するキャンペーンがあり、今はひたすらファールを犯していると主張するキャンペーンが存在している。こうしたことは、常に同じようなメディアからやって来ているね。私ができるのは選手たちを称賛することだけだよ」


【過密日程について】

「試合の数や休みの時間に目を向ければ、とても厳しいものであるのは間違いない。ただ、各コンペティションで生き残っているのなら、4月や5月もほとんど同じ状況になるだろう。過密日程が改善されるべきなのは間違いないが、現在の日程はこういうものなんだ」


【安定感について】

「カルデロンで起きたことに対して心配の気持ちは持っていないが、リーガにおいては、より前に進むための安定感が欠けていると言えるだろう」


【ポゼッションについて】

「それはこのクラブの哲学だ。そして、私の最も好きなスタイルでもあり、選手を最も魅了しているプレーだと言える。それぞれの練習はこのボール保持という目標に繋がっているんだ。我々のアイディアは試合の主導権を握るというものであり、そのアイディアが良いサッカーを生み出す。その全てがバルサのアイデンティティなんだ」


【優勝争いについて】

「我々を含めた上位チームは必ず取りこぼしをするだろうが、我々ができるだけそれを少なくできることを願っている。最後の10節がカギとなるだろうね」


【ロナウジーニョについて】

「彼がクラブアンバサダーを務めることはとても良いことだと思う。私と彼はチームメートだったし、彼はチームに陽気さを持ち込んだ先駆者の1人だったと言えるよ」


【ジェライの復帰について】

「彼のことを嬉しく思う。サッカー界の全ての人間にとっての素晴らしいニュースだね」


【リオネル・メッシについて】

「彼は全てのことに対する準備ができている選手だ。もし中盤で必要なら、彼はボールを受けに降りて来る。このプレーは1つの素晴らしい解決策だと言えるよ」











エルネスト・バルベルデ(アスレティック・ビルバオ監督)前日会見まとめ


【バルセロナとの対戦に向けて】

「我々には彼らも知っている我々のプレースタイルがあり、明日の試合ではその我々のプレーを試みて行く。我々は相手よりフレッシュな状態にあるし、動きのあるプレーを見せたいし、相手より多く走る必要があることを認識しつつ、フィジカル重視の試合に持ち込みたいと考えているんだ」

「彼らの日にしないためには、完璧なプレーを見せる必要がある。同時に過剰なほどの努力を見せなければならない。私はこのチームにはそれができると確信しているよ。ここ数年でのカンプ・ノウでの豊富な経験が役に立つだろう」

「我々の野心はどの試合でも変わることは無い。我々はどんなチームに対しても勝利のためにリスクを冒せるチームなんだ」


【ジェライの状態について】

「良い状態にあると見ている。彼は既に招集メンバーに入っているし、私も既に彼が試合出場に近い状況にあることを明言しているんだ」


【まもなくA・ビルバオの指揮試合数のトップに立つ見込みであることについて】

「今シーズンは6シーズン目の指揮だが、それができているのは、結果が付いて来ていること、そして、選手とクラブ経営陣にとても恵まれたことの2つが理由だと言える。彼らは私を信頼し、我慢をしてくれた。我々の存在はとても稀だと言えるんだ」











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ