スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ルイス・エンリケ「カンプ・ノウでの勝利というサプライズは、最早サプライズではない」(アラベスvsバルセロナ:両監督前日会見コメントまとめ)
マウリシオ・ペジェグリーノ(監督)前日会見まとめ


【バルセロナとの対戦に向けて】

「バルセロナに勝利するためには、この星のトップレベルの選手たちを手元に揃えなければならないと言える」

「国王杯の準決勝の戦いを経て、我々は休息の徹底と2回の練習の最適化を試みてきた。3日おきの試合で、フィジカル的にもメンタル的にもかなりの消耗を強いられたのだからね」

「我々は最高のチームの1つと対戦するんだ。勝利の可能性を再び高めるためには、目標を高く設定しなければならないだろう」

「我々は第3節での対戦の時からチームとして大きく成長してきた。明日は彼らが彼ら自身のプレーをできないように試みて行く必要があるんだ。ただ、それを成し遂げるためには、高いレベルのサッカーを実行しなければならない」

「我々はまだまだ個人の面でもグループの面でも成長を継続できる。それこそが我々の目標なんだ」

「彼らのようなたくさんの試合を連続でプレーするチームには、浮き沈みというものがあるものだ。彼らの場合は、引き分けた時やポゼッションが70%に満たない場合に不調と捉えられているね」


【リオネル・メッシについて】

「彼はバルセロナを必要としていて、バルセロナも彼を必要としていると言える」











ルイス・エンリケ(バルセロナ監督)前日会見まとめ


【アラベスとの対戦に向けて】

「国王杯決勝の対戦相手に決まったチームがちょうどリーガの次戦の相手というのは、あまりない状況だと言えるが、影響があるとは思わない」

「我々は既に彼らの分析を行っていて、躍進を果たしているチームと認識している。トップのデイヴェルソンからサイド、中盤まで良い選手が揃っている危険なチームだよ。カンプ・ノウでの勝利というサプライズは、最早サプライズではないんだ。彼らは16試合無敗であるし、試合はかなり難しいものになるだろう」

「我々は過去のリーグ戦でも多くのローテーションを採用し、2連覇を果たしている。1日休みが多いとはいえ、息の詰まるような13試合を経験してここまで来ているんだ。ただ、これは言い訳ではない。我々は戦うよ」

「アラベスは、より危険なチームになる可能性も、気が緩んでしまう可能性も持ち合わせていると言える。試合を見てみる必要があるだろう。ただ、彼らは我々に勝利しているチームであるし、素晴らしい成績も記録している。これが何よりもの証明であるし、危険なチームなのは間違いない」


【国王杯決勝の開催地について】

「カンプ・ノウでの決勝もカルデロンでの決勝も経験しているが、我々はどちらについても良い記憶を持っている。舞台のレベルが相応しいものであるかがポイントだと言えるね」

「ベルナベウ開催の話に私の興味は全く向いていない。全ての者のスタンスは理解できるがね。論争に加わる気はないんだ」


【過密日程について】

「我々はビトリアでこの試合を戦い、その後火曜日にチャンピオンズの試合があるわけだが、こうした状況のために我々のチームは今のようなチームとなっているんだ」











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ