スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ジダン「我々は一歩一歩着実に進んで行く」(ナポリ戦前日会見コメントまとめ)

【ベンゼマへの批判について】

「それぞれが持ちたい意見を持つことができる。重要なのは、私からは日々の彼が良い状態に見えているということだ。人々は彼のような選手により多くを要求することができるが、私自身は彼の働きぶりに満足しているんだ」

「私の選手への批判はどの選手であっても心が痛む。ただ、彼らは批判が付き物であることをわかっているんだ。批判はサッカーの一部であるし、成長の糧になる可能性もある。カリムも他の選手と同様であり、他の選手に得点させたり、他の選手のプレーを向上させたりしているんだ」


【ベイルの状態について】

「グループ練習に復帰した最初の週だが、彼の状態は良い。違和感はないし、招集メンバーに入れるかどうかを今後判断して行くことになる。今重要なのは彼がグループ練習に合流しているということなんだ。彼は3か月も実戦から離れていたのであり、慎重に進んで行く必要がある」


【ナポリとの対戦に向けて】

「こうしたトーナメントのホームでの試合では、クリーンシートを試みることが重要だ。ただそれ以上に、私は自分たちがやるべきことに集中していきたいと考えている。この試合が五分五分の試合であることはわかっているし、明日の試合で我々が相手に一撃を食らわすことができることも、相手が我々を厳しい状況に陥らせる可能性があることも、我々は理解している。とにかく、我々は試合を戦う準備ができており、それこそが重要なんだ」

「彼らは守備が良く、動くスピードも速い。小柄な選手たちは技術に優れているね。ただ、我々も人々を驚かせるのに十分な力を持っているんだ」

「我々は常に試合の本命だと言える。どんな試合でも戦い、勝利できることはわかっているし、それこそがレアル・マドリードの価値なんだ」

「彼らを止めるためには、集中力を高める必要がある。背後を取られる可能性もあるが、そうした場面ができるだけ少なくなることを願っているよ」







【相手指揮官について】

「彼はとても良い指揮官であるし、彼のチームはとても良いプレーをする。素晴らしい結果も出しているし、とても良い仕事をしていると言えるよ。スペイン同様に彼らの国でも良い若手が沢山プレーしているし、イタリアサッカーは良いレベルにあると言えるね」


【CL連覇という挑戦について】

「難しさはわかっている。我々は一歩一歩着実に進んで行くことになるだろう。誰もがCLを勝ち取りたいと考えているし、道のりは長く厳しいものになる。全ての戦力が揃ったということは良いことだね」


【自身のイタリア時代について】

「ユーヴェでは最後の最後まで全力を捧げる必要があり、そこで私は多くを学んだ。現在の私はより大規模のクラブにいるわけであり、1人の人間としても監督としても成長を続けているよ」


【観戦に訪れるマラドーナについて】

「彼は世界最高の選手の1人だったわけだが、私は彼よりピッチに立つ選手の方が怖いね。ただ、我々にも選手が揃っているんだ」


【ハメス・ロドリゲスについて】

「彼はプレーする準備ができているし、明日のスタメンを見てみよう。ただ、現時点でスタメンを明かすことはできないよ」











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ