スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ジダン「BBC全員が出場可能となったことをとても嬉しく思うし、この状態がシーズン最後まで続くことを願っている」(レアル・マドリードvsエスパニョール:両監督前日会見まとめ)
ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリード監督)前日会見まとめ


【エスパニョールとの対戦に向けて】

「ベルナベウの雰囲気はいつもと変わらないはずだ。他の日のそれはファンタスティックなものだったよ。我々に活力をもたらしてくれる1つの要素だと言えるね。試合については、最近良い成績を挙げているチームを迎えるのであり、難しいものになるはずだ」


【ガレス・ベイルについて】

「彼は招集メンバーに入る。出場機会を与えたいと思っているよ。彼もチームでプレーする意欲十分なんだ」

「彼は重要な選手だ。我々は彼のクオリティの高さを知っているし、彼が得意のポジションに立つ時に、チームの怖さが生まれることもわかっている」


【トップチームがほぼ全員揃っていることについて】

「全員が揃っていることは素晴らしいことだが、マネージメントの難しさがあるのも当然だ。時には変化を加えることも重要だと言えるよ」


【クリスティアーノ・ロナウドについて】

「彼は常にゴールを決めるだろうが、他のこともできる。我々はそのことをよくわかっているんだ」


【バルセロナのCLでの大敗について】

「我々は他のところに目を向けているんだ。PSGは本当に良い試合をしたと思うが、まだ第2戦が残っている。それに、我々はバルサがとても良いチームであることを知っているんだ」


【アルバロ・モラタについて】

「私はモラタが出て行きたいと考えているとは思いたくない。ベンゼマより出場機会がないのは事実だが、それでも出場機会はある。それに、ここは彼のホームなんだ。明日は先発でプレーするし、これが先発する最後の試合にはならないはずだよ」


【カリム・ベンゼマについて】

「人々は水曜の彼はある部分でいつもより良かったというかもしれないが、私はいつもの彼と変わらないと見ている。彼はとても集中しているし、責任感も強いんだ。センターフォワードにゴールが求められるのは事実だが、彼はゴールを決めているし、他の部分での貢献もしているんだ」


【ローテーションについて】

「全ての選手が重要な存在であり、それを前提として、それぞれの選手がここまでどれだけプレーしているのかを見ることになる。ただ、明日の試合に関しては、モラタのこと以外について明言するつもりはないよ」


【BBCの復活について】

「それはとても良いことだ。皆が彼らのできることを知っている。私は3人全員が出場可能となったことをとても嬉しく思うし、この状態がシーズン最後まで続くことを願っているよ」


【PSGについて】

「PSGは常にCLの優勝候補の1つだった。特にフランス国民は、以前からPSGがもっとやってくれることを望んでいたんだ。PSGが常に素晴らしいポテンシャルを発揮していたのは間違いないがね」

「彼らが優勝候補の1つであるのは間違いないが、全てのチームがCL制覇を目指しているのであり、ここからの道のりは全てのチームにとって長く厳しいものだと言える。1つの試合結果がCLを優勝させてくれるわけではないんだ。そのことを私は監督としても選手としても経験している。例えば、昨シーズンのヴォルフスブルク戦での我々は、第1戦を2‐0で落としたが、ホームでの試合で3‐0の勝利を飾り逆転している。常に何かが起こる可能性は存在しているんだ」











キケ・サンチェス・フローレス(エスパニョール監督)前日会見まとめ


【レアル・マドリードとの対戦に向けて】

「我々の目標は常にできるだけ最高の戦いを見せることだ。選手たちは“野心と楽しむ心を持ち、唯一の脅威が相手チームだけであるということを認識しながら、試合をプレーするべきである”ということを理解できていると、私は思っているよ」

「我々はエネルギーを奪ってしまうような過度の緊張をせずにプレーするべきであり、戦うことを始点にして結果を掴みに行かなければならない。相手にとっての悪い日となるようにトライして行く必要があるんだ」

「我々は試合を我々のものにするためにチームとしてのアプローチを試みて行く。相手チームの力はわかっているし、我々のやるべきこともわかっているんだ。ミスを少なくし、完全な組織的な戦いを仕掛けなければならない」

「全てを結果に集約してしまうことには同意できない。成長と結果は別物なんだ。こうした舞台は難しいものだが、我々は相手に不安をもたらす状況を引き起こして行きたいと考えている。つまりそれは、我々が良い戦いができているということを意味するんだ」


【右サイドバックの人材不足について】

「難しい状況だ。ハビ・ロペスは少ししか練習ができていないし、この試合には厳しすぎると言える。右サイドバックに適応できる選手のことを考える必要があるね。こうした試合に向けては、システムの変更という手段は危険が高い。最後の最後までじっくり考える必要があるんだ」


【パブロ・ピアッティについて】

「彼がスタメン出場できるかどうかをわかる人は、1人もいないよ」


【21年間ベルナベウでの勝利が無い状況について】

「その悲観論から離れた考えを持つように我々は努めている。過去21年間のチームに似たチームになることは望んでいないんだ」


【レオ・バチスタンについて】

「復帰までにはまだ数週間かかるだろう。彼は皆の手本となっていた選手であり、我々にとってはダメージの大きい怪我だった。今は待ち続ける必要があるんだ」











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ