スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ルイス・エンリケ「私はまだ将来についての決断を下していない」(バルセロナvsレガネス:両監督事前会見まとめ)
ルイス・エンリケ(バルセロナ監督)前日会見まとめ


【レガネスとの対戦に向けて】

「彼らに様々な変化があったのは確かだ。戦術面だけでなく、冬の補強もあって、彼らはより掴みにくいチームになっている。我々と対戦するチームは、リトリートを選択する可能性も、前線から積極的にプレスを仕掛けてくる可能性も、どちらも抱えているわけだが、明日の試合でどのようなチームと戦うことになるのかはわからないね。もちろん、彼らの守備動作については理解しているが。火曜に経験した試合とは異なる試合であるし、チームを見る良い機会と言えるね。今ではトレンドが変わり、それぞれのチームがハイプレスを仕掛けてくるようになっているが、そうしたトレンドを変えるのは我々次第なんだ」


【PSGとの第2戦について】

「まだ1か月あるんだ。火曜から私の頭の中にそのことがあるのは確かだが、その試合について考えることは神経質なことだと言えるかもしれない。その前には重要な4試合をプレーする必要があり、明日の試合に集中する必要がある。PSG戦を考えるための時間は十分にあるんだ」


【PSG戦大敗の影響について】

「あるのは間違いない。前まで良い結果を出していた、我々が好きなコンペティションなのだからね。これは一種の挫折と言えるが、結果は空から落ちてきたものではないし、相手がその結果に相応しかったんだ。我々は状況を受け入れなければならない。それこそがスポーツであり、サッカーなんだ。今の我々は状況を改善することを目指している」

「私はポジティブな部分に目を向けているし、我々全員が我々をより強くする事柄に集中している。そのためには、このチームを特徴付けている様々な事柄をやって行かなければならないんだ」


【L・スアレスの「監督への疑いの目を持っていない」発言について】

「私は何も耳にしていない。ここ数日は、テレビや酔っ払いといったものの10m以内に足を踏み入れていないし、メディアに全く接触していないんだ。私が何かをコメントする必要はないだろう。私は自分の仕事を認めているし、それは彼がそれを気に入っていようが、そうでなかろうが同じことなんだ」


【Bチームとの関係について】

「トップチームとBチームの関係は明らかだが、それぞれの部門は独立している。ペップがトップチームの監督だった時に、彼がBチームの監督の私に何かを課すことは全く無かったし、それは今も同様だ。私は下部組織チームの監督がそれぞれ独立している方が良いと考えている」


【自身の将来について】

「確かに言えることは、『ここ数か月に起きていることは、私の決断には関係して来ないだろう』ということだけだ。1試合だろうが10試合だろうがね。私はまだ決断を下していないんだ」


【優勝争いについて】

「まだ試合はたくさん残っているし、普通に考えると、全ての残り試合に勝利できるチームは1つもいないはずだ。ただ、我々は全ての試合での勝利が必要としている。そして、他のチームの取りこぼしが必要となるんだ」











アシエル・ガリターノ(レガネス監督)事前会見まとめ


【バルセロナとの対戦に向けて】

「週の初めはイライラが募った状態だった。直接のライバル相手に厳しい負け方をしたのだからね。ただ、水曜日からはこのまま戦う姿勢を維持していく必要があるという認識を持って過ごせているよ。相手はやる気十分であるし、我々も強い意欲を持って試合に臨む。我々は試合をするのに持ってこいの状態にあると私は考えているよ」

「結果も重要だが、手ごたえも重要だ。次の試合を良い形で迎えるためには、この試合を良い形で終えることが重要だと言える」

「相手はプランを変えてくる可能性があるが、プレースタイルは変わらないだろう。相手には良い選手がたくさんいるんだ。我々のフィジカルは良い状態にあるが、メンタルが基礎となる。もし敗れれば、1日引き摺ることになるだろうが、そうであっても、次の試合に目を向けなければならない」


【バルセロナのPSG戦大敗の影響について】

「彼らにとって望んでいない結果であったのは確かだし、メンタル面の状態が良くない可能性もある。そうだとしたら、我々にとってはプラスとなるかもしれないね。ただ、我々も重要な敗北を喫した直後であり、同様の状況とも言えるんだ」


【負傷者について】

「ルベンが出場停止となっている以外に問題は抱えていない。何人かは負傷明けだが、回復しているし、他の選手たちもプレーできる状態にあるんだ」


【自身の状況について】

「私は落ち着いている。ここ数試合のプレーに不満はないし、良い感覚を得ているよ」











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ