スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ルイス・エンリケ「我々の明日の目標は素晴らしい試合をし、勝ち点3を獲得するということだけだ」(アトレティコvsバルセロナ:両監督前日会見まとめ)
ディエゴ・シメオネ(アトレティコ・マドリード監督)前日会見まとめ


【バルセロナとの対戦に向けて】

「ここ5回の対戦で4勝を挙げているとはいえ、特別な瞬間というのは全く存在しない。目の前の試合へのモチベーションは常に変わらないんだ。明日の試合はいつものバルセロナとの対戦と同様に難しく、重要な試合となる」

「我々は試合のことだけに集中し、それ以上のことには目を向けない。この試合で得られる勝ち点3が、相手が順位表の上の直接のライバルかどうかには関係の無い、ただの勝ち点3ということを理解しているんだ。順位のことに目を向けるには早過ぎると言えるよ。この試合が決定的な試合となるとは思わないし、まだプレーしなければならない試合がたくさん残っている。もし3試合連続で引き分けるなら、争いから脱落することになる可能性はあるがね」

「以前のカルデロンでの対戦で、我々は彼らに前線からプレスを仕掛け、彼らは20分間で2ゴールを奪った。そして後半の我々は攻めに行き、ゴールを奪う寸前のところまで行っていた」

「彼らは常に世界最高のチームであり続けているんだ。先日のレアル・マドリードの敗北もあって、彼らは戦う意欲を再び高めてやって来る。我々は最高のバルサと対戦する準備ができているよ」

「他のシーズンより楽な試合になるとは思わない。試合の難易度は近年と変わらないだろう。彼らはルイス・エンリケと共に8つのタイトルを獲得しているし、常に最高のレベルでの戦いを見せている。パリでの試合のような悪い試合というのは、どんなチームも行ってしまう可能性があるものなんだ。彼らは国王杯での我々との対戦で良い試合をし、我々を敗退に追い込んでいるし、そのことは彼らの持つポテンシャルをハッキリと表していると言えるよ」


【GKの選手起用について】

「サッカーではこういう状況が存在するものだ。ガメイロとF・トーレスの間や4人のセンターバックの競争においても同様のことが起きている。毎週、誰かを外さなければならないわけだ。大きなチームを抱えている者は、目標の達成のための最善の方法が内部の競争であることをわかっていると言えるよ」


【過去の対戦でのレフェリングについて】

「私にとっては、試合が終わったら、その話は終わりなんだ。我々も主審も線審も、誰もがミスをするものなのだからね。互いに手を取り合う必要があるんだ」


【FWの選手起用について】

「悩みの種とは思わないし、むしろ逆だ。彼らが良い状態にあることを嬉しく思うよ。この状況はチームの状態をより高めてくれるだろう」











ルイス・エンリケ(バルセロナ監督)前日会見まとめ


【アトレティコとの対戦に向けて】

「我々はこれまでに何度も対戦しているが、難しさはいつものものと変わらないだろう。ただ、国王杯とは違う形の試合にはなるだろうし、お互いのチームにとって特に重要な試合となるだろう」

「アトレティコの長所を取り入れることが可能だったとしても、その必要はないと私は考えている。私は現在のチームが好きだし、現在のチームの長所を発揮してくれることを望むよ」

「この節がカギとなる一節と言うことはできない。素晴らしい対戦があるし、スペシャルな一節と位置付けることはできるが、どんな一節でも全てのチームに勝ち点取りこぼしの可能性はあるんだ」

「我々の明日の目標は素晴らしい試合をし、勝ち点3を獲得するということだけだ」


【過密日程について】

「今年に入って1週間が空いたのは初めてだった。日程は残酷なものであったし、我々に牙を剥いていたと言えるよ」


【右サイドバックの補強について】

「チームの今シーズンのプロセスに影響がある内部のことについて、話さなければならない義務は、私にはない」


【チームの団結について】

「私がここにやって来た時から常に団結していた。私のチームへの喜びは、彼らがより良いプレーを見せれば大きくなるし、上手く行かない時は小さくなるものだ」


【マスチェラーノとアルダの状態について】

「今日の練習の後に状態はわかるだろう」


【フベニールAのプレーについて】

「彼らは素晴らしいシーズンを過ごしているね。試合は目にしていないが、エムボウラのゴールは見た。逆効果になるだろうし、大事に捉えられることは、私は望まないよ」


【ピケとアルバの忠誠心の発言について】

「選手の声明は耳にしていない。それが私のポリシーなんだ」


【テア・シュテーゲンについて】

「私はGKたちのパフォーマンスに満足しているよ」


【サミュエル・ウンティティについて】

「欠場者の存在や他の事柄のおかげではなく、自身の力を発揮することによって、彼は現在の地位を築いていると言えるね」











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ