スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ルイス・エンリケ「セルタはサッカーをプレーして我々から勝利を挙げているチームなんだ」(バルセロナvsセルタ:両監督前日会見まとめ)
ルイス・エンリケ(バルセロナ監督)前日会見まとめ


【セルタとの対戦に向けて】

「彼らはピッチ上の全てでプレスをかけることができるチームであるし、試合は難しいものになるだろう。リーガにおける最も厳しいチームの1つなんだ。それに、カンプ・ノウで我々に勝利した経験も持っている。彼らは質が高く、最高のバージョンの我々が必要になる。我々にとって、良い挑戦の試合となると言えるだろう」

「好調の維持が我々の狙いだ。我々はリーガで良い瞬間を過ごしているわけだが、我々が集中するべきことは、勝ち点を積み重ね続けることなんだ」

「この試合がテストという概念は存在しない。PSGと彼らは全く違うチームなんだ」


【以前の“やる気が有り余っている”発言について】

「たった4日でエネルギーを失ってしまうことはない。現在の私はホッとしているし、シーズン終盤に向けて集中しているんだ」

「私とチームの関係は理想的なものだと言える。月日の経過によって、関係性はどんどん良くなっているんだ」

「チームスタッフとは、自身の将来について個人的に話していた。決断はプライベートなものなんだ」
.

【セビージャについて】

「数字上ではまだ全てのチームに可能性があり、全てのチームが優勝候補だと言えるだろう」


【後任監督について】

「仮定の話はしない。私はこの冒険の最後をただ楽しみたいんだ」


【自身の今後について】

「退任後の将来に何が起きるかは、私にはわからない。ただ私がわかることは、私の妻は私が1年中家にいることに耐えられるかどうかが、私にはわからないということだ」


【前回の対戦について】

「我々には引き分けのチャンスがあったと言える。我々に勝利したセルタは、罠を仕掛けて勝利した他のチームたちと違って、サッカーをプレーして勝利を手にしている。選手たちはそのことを知っているし、この試合は注目すべき試合であると言えるだろう」











エドゥアルド・ベリッソ(セルタ監督)前日会見まとめ


【バルセロナとの対戦に向けて】

「この試合は最高レベルの試合だと言える。我々は勝利への希望を抱きながら、ファンタスティックなピッチに立つことになるんだ。私の意識はこのシーズンの重要な瞬間に向いている。フィジカル面での大きな消耗と激しいプレッシングが、この試合では必要となるはずだ」

「彼らは戦術の構造を変化させていて、我々はそれに順応する準備ができている必要があると言える。我々のエネルギーは、“相手ができるだけ長い時間プレーをやりにくく感じること”を目的として注がれなければならないし、勝利を可能にするためには、アグレッシブなメンタルが必要なんだ」


【バルセロナの監督という選択肢について】

「私はセルタを最も率いた監督になりたいと思っている。良いプロ意識を持つ者は、他のプロをリスペクトしているものだ。私は現在自分がいる場所が大好きであるし、私にできる唯一のことは自分の状況を確認することだけなんだ」











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ