スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

【試合アーカイブ】バルセロナvsPSG(CL16-17ラウンド16第2戦)


CL16-17ラウンド16第2戦
(会場 : カンプ・ノウ[スペイン : バルセロナ])
【 HOME 】【 SCORE 】【 AWAY 】
バルセロナ6 - 1


-TOTAL-

6 – 5
PSG
【GOAL】
1 - 0 (3分)

バルセロナ : L・スアレス
2 - 0 (40分)

バルセロナ : OG(クルザワ)
3 - 0 (50分)

バルセロナ : メッシ(PK)
3 - 1 (62分)

PSG : カバーニ
4 - 1 (88分)

バルセロナ : ネイマール
5 - 1 (90+1分)

バルセロナ : ネイマール(PK)
6 - 1 (90+5分)

バルセロナ : S・ロベルト



・両チームスタメン(括弧内は背番号)

(バルセロナ)
GK:テア・シュテーゲン(1)
DF:ピケ(3)、マスチェラーノ(14)、ウンティティ(23)
MF: ラキティッチ(4)、ブスケツ(5)、イニエスタ(8)、メッシ(10)
FW:L・スアレス(9)、ネイマール(11)、ラフィーニャ(12)

(PSG)
GK:トラップ(1)
DF:T・シウヴァ(2)、マルキーニョス(5)、ムニエ(12)、クルザワ(20)
MF:ヴェッラッティ(6)、マテュイディ(14)、ラビオ(25)
FW:ルーカス(7)、カバーニ(9)、ドラクスラー(23)


・両チーム初期フォーメーション

20170309formation1.png


・両チーム選手交代(括弧内は背番号)

(バルセロナ)
65分:イニエスタ(8)⇒アルダ(7)
76分:ラフィーニャ(12)⇒S・ロベルト(20)
84分:ラキティッチ(4)⇒A・ゴメス(21)

(PSG)
55分:ルーカス(7)⇒ディ・マリア(10)
75分:ドラクスラー(23)⇒オーリエ(19)
90+3分:ムニエ(12)⇒クリホヴィアク(4)












・試合レポート:「トータル6‐5! バルサの歴史に残る逆転劇」

 パリでの第1戦を4‐0で終え、10シーズン連続でのCL準々決勝進出に向けて、最低でも5ゴールが必要となっていたバルセロナ。不可能と思われていた大逆転劇に向けて、怒涛の反撃を見せた。

 まずは開始3分。ラフィーニャのクロスに対するクリアのこぼれ球を、ゴール前のルイス・スアレスが頭で押し込み、早々に1点を奪い取ることに成功する。その後は1‐0の状況が続くが、40分に更に1点を追加。L・スアレスとの連係から飛び出したアンドレス・イニエスタが、ペナルティエリア深くで意表を突くヒールパスを送ると、これが相手DFのオウンゴールを誘い、バルセロナはあと3点が必要な状態で前半を折り返すことになる。

 後半も引き続きホームのファンからの後押しを受けるルイス・エンリケのチームは、開始5分でネイマールが獲得したPKをリオネル・メッシが沈めて、ゲームスコアを3‐0とする。奇跡の逆転劇に向けて、更に活気付いたカンプ・ノウだったが、沈黙していたPSGも反撃。PK直後の52分のエディンソン・カバーニのシュートが右ポストを叩くと、62分にはFKから最終的にそのカバーニにゴールを奪われ、ゲームスコアは3‐1。トータルスコアは3‐5となり、バルセロナは3点が必要な状況に逆戻りとなる。

 絶望的な状況に意気消沈気味となったカンプ・ノウだったが、試合終盤にドラマが待っていた。88分にネイマールがペナルティエリア左手前からのFKを直接決めて差を縮めると、90分にL・スアレスが獲得したPKをネイマールが蹴り込んで、遂にトータルで同点となる。

 そして迎えたアディショナルタイム最後の4分台。アウェーゴールの関係でもう1点が必要なバルセロナは、GKテア・シュテーゲンも上がっての怒涛の攻撃を仕掛けると、ネイマールがバイタルエリアからクロスを供給。途中出場で入っていたセルジ・ロベルトがこれに反応して飛び出し、右足を伸ばすと、このシュートがゴールに吸い込まれ、トータル6‐5。ルイス・エンリケのチームの歴史に残る逆転劇が完成した瞬間だった。

 バルセロナのCL準々決勝進出はこれで10シーズン連続。ルイス・エンリケ監督のバルサ指揮官としての最後の欧州航海は、まだまだ終わらない。











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ