スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ジダン「選手たちは皆餓えた状態にある」(レアル・マドリードvsベティス:両監督事前会見コメントまとめ)
ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリード監督)前日会見まとめ


【ホーム無敗について】

「我々は常に勝てるようにベストを尽くしていて、今のところは無敗を継続できている。この流れを意識して、今やっていることを継続していく必要があるんだ」


【モラタの状態について】

「彼は招集メンバーに入る。ただの打撲だったんだ。問題は無いよ」


【バルセロナの変化について】

「彼らは以前と同じチームであるし、何も変わることはないだろう」


【PSG戦のレフェリングについて】

「今の私が興味を持っているのは、我々の試合のことだけだ。私は、他の日に起きたことについて話すためにここにいるのではない」


【リーガのモチベーションについて】

「我々はリーガを何年も勝ち取っていないのであり、それはかなり大きなモチベーションとなっている。君たちに明言できるのは、同じ形や同じインテンシティで3日おきにプレーすることは無理ということだ。時には難しい状況もあるだろうが、それは普通のことだと言えるよ。リーガの重要性を低く捉えているように見える試合もあるだろうが、我々はリーガをかなり重要視しているんだ」


【選手たちの状態について】

「彼らは皆餓えた状態にある。明日は恐らくプレー時間が比較的少ない選手たちがプレーする試合となるだろうが、私自身はそのような試合とは捉えていない」

「私がチームに望むことは、全員が準備万端の状態にあることだ。我々は明日プレーしたら、その次の週末にもう1試合があって代表ウィークがある。そしてそれが終わったら、我々は28日間で9試合を戦わなければならない。しかしながら、選手たちが皆飢えているという現状は、私にとって最高なことだと言えるね」


【自分のチームとレフェリングに関する報道について】

「報道に我々が不快感を覚えることがあるのも確かだが、こうしたことが止むことはないだろう。我々が勝利するなら、それは我々自身の力によるものであり、何かや誰かの影響を受けたものではないんだ。今はシーズンの重要な局面であり、我々は自分たちのことに集中できているよ」


【C・ロナウドとS・ラモスについて】

「2人はキャプテンであり、重要な存在だ。セルヒオ・ラモスのキャラクターは、若手選手の助けになっていると言えるね。2人の存在は本当にチームにとって大事なんだ」


【ここまでのシーズンの評価について】

「悪くないシーズンを過ごしていると言える。より良くできるはずだが、悪くはないんだ。そして、今は最も重要な局面を迎えている。1つ1つの勝ち点が大事だ」


【ファビオ・コエントランについて】

「彼は違和感を抱えており、良い練習ができる状況にはないんだ」


【カゼミロの起用法について】

「彼も他の選手と同様に休息を与えることもある。彼の重要性は理解しているがね」


【ハメスとイスコの共存について】

「もちろん共存は可能だ。2人は良い選手であるし、一緒にプレーすることはできる」











ビクトル・サンチェス(レアル・ベティス監督)事前会見まとめ


【レアル・マドリードとの対戦に向けて】

「レアル・マドリードは私がいた頃から多くが変わったと言える。ただ、もう20年前の話であるし、当時のことはそんなに覚えていないんだ」

「ジダンは最大級のプレッシャーの中で良い結果を挙げているね。チームの良いパフォーマンスを引き出しているし、最高レベルのリスペクトを受けるに値するよ」

「日程は決まっているものであるし、我々は相手のレベルの高さに関係なく、野心を持って毎試合毎試合に臨んで行く。勝利を狙う意図を持って試合に挑むことになるだろう。難しい挑戦であることは理解しているが、我々にもチャンスはあるはずだ」


【セルヒオ・ラモスについて】

「彼にはリーダーシップとゴール奪取能力があり、それを示していると言える。彼はセットプレーのスペシャリストであり、彼のパフォーマンスの引き出し方がわかっている素晴らしいキッカーがいるんだ」


【自身の状況について】

「私に対するファンからの疑いの目というのがあることは理解している。様々な論争や意見があるわけだが、評価に値しない情報がたくさんあるのも確かなんだ」


【ホアキンの状態について】

「彼は100%の状態にない。彼のフィジカルコンディションはポジティブな状況ではなく、試合勘を取り戻して行く必要があるんだ」


【バルセロナの大逆転劇について】

「私はデポルティーボにいる時にミラン相手に同じようなことを経験したが、あれは現役時代の最も強烈な経験だったと言える。あのような難しいことを成し遂げることは、言葉では上手く説明できないね。サッカーにおいては、不可能なことはほとんどないと言えるんだ」











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ