スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

【試合アーカイブ】アトレティコ・マドリードvsレヴァークーゼン(CL16-17ラウンド16第2戦)


CL16-17ラウンド16第2戦
(会場 : ビセンテ・カルデロン[スペイン :マドリード])
【 HOME 】【 SCORE 】【 AWAY 】
アトレティコ・マドリード0 - 0


-TOTAL-

4 – 2
レヴァークーゼン



・両チームスタメン(括弧内は背番号)

(アトレティコ・マドリード)
GK:オブラク(13)
DF: ゴディン(2)、ヴルサリコ(16)、リュカ(19)、ヒメネス(24)
MF:コケ(6)、サウール(8)、カラスコ(10)、トーマス(22)
FW:グリーズマン(7)、A・コレア(11)

(レヴァークーゼン)
GK:レノ(1)
DF:ドラゴヴィッチ(6)、ヒルバート(13)、イェドヴァイ(16)、ウェンデウ(18)
MF:バウムガルトリンガー(15)、ブラント(19)、ベララビ(38)、カンプル(44)
FW:ハビエル・エルナンデス(7)、フォラント(31)


・両チーム初期フォーメーション

20170316formation1.png


・両チーム選手交代(括弧内は背番号)

(アトレティコ・マドリード)
64分:A・コレア(11)⇒ガイタン(23)
71分:カラスコ(10)⇒サヴィッチ(15)

(レヴァークーゼン)
78分:ブラント(19)⇒ベイリー(9)
81分:ハビエル・エルナンデス(7)⇒メーメディ(14)
88分:フォラント(31)⇒アランギス(20)











・試合レポート:「アトレティコ、クリーンシート達成と共に準々決勝へ」

 アウェーでの第1戦で2‐4の大勝を飾り、本拠地ビセンテ・カルデロンで3失点しなければ、準々決勝進出が決まる状態にあったアトレティコ・マドリード。序盤には、攻めるしかない相手に惜しいシュートを打たれるシーンもあったものの、無失点をキープして試合を進めて行くと、前半終盤にはアンヘル・コレアコケ・レスレクシオンが相手ゴールを脅かす枠内シュートを立て続けに放つ。しかし、相手GKベルント・レノが好セーブ連発で決定的な1ゴールを回避し、前半はゲームスコア0‐0で折り返すことになる。

 後半に入ると、アトレティコ守護神ヤン・オブラクがホームチームを救う活躍を見せる。68分には、味方選手が自陣でボールを奪われ、相手選手との1vs1のピンチを迎えたものの、相手の立て続けのシュートを連続の好反応でセーブして、無失点を継続。更に80分には、CKからの枠内シュートも素晴らしい反応で弾き出してみせた。

 スロベニア人守護神はこのまま相手に1点も与えず、試合はフルタイムに到達。ディエゴ・シメオネのチームは、トータルスコア4‐2で4シーズン連続での準々決勝進出を確定させた。











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ