スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ロペテギ「年齢は決定要因とはならない」(スペイン代表3月シリーズ招集メンバー発表会見まとめ)

【ジェラール・デウロフェウについて】

「前のチームでは継続的にプレーをできていなかったが、ミランへの到着からは、重要な役割を担い、良い状態にある。彼は我々が力を付けるべきだと思っていた部分の力を付けていると言えるよ」


【ペドロとセスクについて】

「ペドロは代表の古参選手であるし、良いレベルのプレーを続けている。成熟した年齢を迎えており、チェルシーでは良い役割を担っているんだ。一方で、セスクがより出場機会を得ていることは事実であるし、我々の頭の中に彼の存在があることも事実だ」


【招集メンバーの決定について】

「招集メンバーを決めるのは大変なことなんだ。プレリストにはたくさんの選手がいるのだからね。最終的には、よりこのチームでプレーするべきだと思った選手を呼んでいるわけだが、誰かを完全に排除するということはしていないんだ」


【アシエル・イジャラメンディについて】

「我々は彼のことをよく知っているし、初めから彼を追い続けていた。彼は長く高いレベルでのプレーを続けているし、我々にとってプラスになる特徴を持っているんだ」


【選外となった選手たちについて】

「ペドロやイジャラメンディの招集が今回は影響したと言える。しかしながら、選外となった選手たちにも代表復帰の可能性はもちろんあるんだ。セルジ・ロベルトについては、彼は多くのポジションでプレーできる完成された選手であるが、今回は1つのポジションの専門的な選手たちを呼んだんだ」







【ロケ・メサについて】

「彼は我々のプレースタイルにフィットするだろうが、様々な理由から今回は選外となった。だからと言って、彼が我々を助けることのできない選手というわけではないし、どんなタイミングでも我々の一員となる可能性のある選手であると、私は認識している」


【マルコス・アロンソについて】

「彼は様々なシステムに適応して良いプレーを見せている。しかし、慎重に見極めた結果、我々はモンレアルとジョルディ・アルバを招集することに決めた。重要なのは、ロシアW杯出場に向けて重要な3ポイントがかかるイスラエル戦なんだ」


【イケル・カシージャスについて】

「良いシーズンを過ごしていると言えるよ。彼自身も彼のいるクラブも高いレベルのプレーを見せることができているね」


【ダビド・デ・ヘアについて】

「移籍の噂についての質問に答えるつもりはない。私の仕事とは関係のない話なのだからね」

「私は彼のパフォーマンスに疑いの目は持っていない。トップレベルの選手たちはプレッシャーと自然な形で共存していて、高いレベルに行けば行くほど、そうした環境によりさらされることになるんだ。彼らはこうした環境に慣れていると言えるよ」


【選手の年齢について】

「年齢は決定要因とはならないし、それぞれの選手が重要な局面で我々に与えてくれるものが重要だと言える。“若い選手だから”というのは選考理由にはならないんだ」











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ