スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ルイス・エンリケ「リーガはラスト2節のどちらかで優勝が決まることになる」(バルセロナvsバレンシア:両監督前日会見コメントまとめ)
ルイス・エンリケ(バルセロナ監督)前日会見まとめ


【バレンシアとの対戦に向けて】

「彼らは常に我々を苦しめるチームだ。それはホームに限ったことではなく、バレンシアでのゲームでも同じだと言えるね。彼らの現在の順位は良いとは言えないが、能力の高い選手が揃っているし、難しい相手なんだ。力のある注意すべきチームであるし、今回も我々を苦しめるだろう」


【ユヴェントスとのCLでの対戦について】

「準々決勝まで来ると、力のないチームとの対戦は期待できないものだ。我々は以前の対戦もあって、彼らのことをよく知っている。ベルリンでの決勝から顔触れは変わったが、手強い相手であることに変わりはない」

「彼らが取り得る戦術には、さまざまな可能性があるだろう。前は[5‐3‐2]でプレーしていたね。ただ、私はもっと他のことを懸念していて、誰がプレーするかということについては懸念を持っていないんだ」


【イニエスタの状態について】

「シーズン序盤は最高の状態にあると見ていたが、2度の激しいタックルによる怪我があったんだ。ただ、今の彼は序盤のような状態にあると見ているよ。我々は彼の状態について注意を払って行きたいんだ」

「彼の将来については、2つの選択肢があると言える。1つは彼の心のチームでキャリアを終えるというもので、私としてはそうなることを願っている。そしてもう1つは、チャビのように他のリーグでのプレーを体験するというものだ。どちらの選択も強くリスペクトすべき選択だと言えるよ」


【デポル戦の敗北を経て】

「今シーズンのリーガはラスト2節のどちらかで優勝が決まることになるだろう。日程は厳しいし、下位チームが多くのポイントを獲得する展開になるのだろうからね」

「改善できる部分を分析しつつ、ポジティブな気持ちを持たなければならない。こうしたことは全てを狙うチームには普通に起こることであるし、こうした瞬間を乗り越えなければならない」


【3バックについて】

「3バックの採用は、我々が目にしたものや相手の戦い方に基づいて決まることになるだろう」


【ムニル・エル・ハダディについて】

「彼は出場機会を多く得ているね。良い軌道の上にあると見ているよ。まだまだ伸びる可能性はあるし、実際にそうなると捉えている」


【フアン・カルロス・ウンスエについて】

「彼が後任となっても私が怒りを感じることはないだろう。我々は何年も前から友人の関係にあるんだ」











ボロ・ゴンサーレス(バレンシア監督)前日会見まとめ


【バルセロナとの対戦に向けて】

「彼らは常に危険なチームだ。首位を争っているし、試合がホームゲームならそれは尚更だと言える。我々は素晴らしいチームに立ち向かうのであり、多くの部分で良い仕事をしなければならないことはわかっている。最大限の力を発揮し、相手の長所を最小化できるように試みて行くよ」

「恐怖を抱いて試合に臨むことはしない。これはサッカーの試合なんだ。ただ、我々は自分の相手がどんなチームであるかを理解している」

「昨シーズンのカンプ・ノウでの勝利は、現在においては何の価値も持たない。我々にも勝利の可能性があることを示しているだけだが、最高のパフォーマンスを発揮できれば試合に勝利できるという自信を与えてくれる」

「最高レベルの戦いをするという気持ちを持って我々は試合に臨む。彼らのピッチで勝利するには、正確なプレーをし、スペースを減らし、チームとして戦う必要があるんだ」

「メスタージャでの前回対戦のことは、我々の頭にはない。とにかく重要なのは、目の前のことであり、後ろを振り返ることはしないよ。



【モントーヤの“彼は監督になりたくなかった”発言について】

「私は自分自身に『監督にならなければならない』と言い聞かし、一歩を踏み出してここにいる。ただ、そのようなことは誰にも言っていないよ」











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ