スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

【試合アーカイブ】スペイン代表vsイスラエル代表(ロシアW杯予選)


ロシアW杯予選
(会場 : エル・モリノン[スペイン : ヒホン])
【 HOME 】【 SCORE 】【 AWAY 】
スペイン代表4 - 1イスラエル代表
【GOAL】
1 - 0 (13分)

スペイン代表 : シルバ
2 - 0 (45+1分)

スペイン代表 : ビトロ
3 - 0 (51分)

スペイン代表 : D・コスタ
3 - 1 (76分)

イスラエル代表 : レファエロフ
4 - 1 (88分)

スペイン代表 : イスコ





・両チームスタメン(括弧内は背番号)

(スペイン代表)
GK:デ・ヘア(1)
DF:ピケ(3)、S・ラモス(15)、アルバ(18)、カルバハル(20)
MF:ブスケツ(5)、イニエスタ(6)、チアゴ(10)
FW:ビトロ(11)、D・コスタ(19)、シルバ(21)

(イスラエル代表)
GK:マルシアーノ(18)
DF:ダサ(2)、ゲルション(5)、ツェデク(17)、ティビ(21)
MF:ナチョ(6)、コーエン(8)、レファエロフ(9)、ベン・チャイム(12)、エインビンデル(16)
FW:ゼハビ(7)


・両チーム初期フォーメーション

20170325formation1.png


・両チーム選手交代(括弧内は背番号)

(スペイン代表)
63分:チアゴ(10)⇒コケ(8)
70分:イニエスタ(6)⇒イスコ(22)
83分:ビトロ(11)⇒アスパス(17)

(イスラエル代表)
19分:ティビ(21)⇒タワタ(3)
60分:エインビンデル(16)⇒ケルティエンス(22)
64分:ベン・チャイム(12)⇒ヘメド(10)











・試合レポート:「4得点大勝で3連勝」

 4戦3勝1分けという成績で予選5試合目のイスラエル代表とのホームゲームを迎えたスペイン代表。開始6分に、チアゴ・アルカンタラのクロスバーを叩くミドルシュートで相手ゴールを脅かすと、13分に先制に成功する。ダビド・シルバがジョルディ・アルバのパスでペナルティエリア内左のスペースに飛び出すと、角度の無いところから左足で決めて1‐0。

 その後は試合が動かないまま前半終盤に突入するが、44分にイスラエルが決定的なシーンを作り出す。左クロスからリオール・レファエロフが放ったヘディングシュートが、スペインゴールを襲うが、GKダビド・デ・ヘアが好反応。これを弾き出し、同点の事態を回避する。

 すると、スペインは前半アディショナルタイムに追加点を獲得。チアゴのパスを受けたビトロが相手DFの股下を通すシュートを放つと、これが決まって、2‐0のスコアで前半を折り返すことになる。


【後半も2点を追加】

 後半に入ると、スペインは51分に更なる追加点を奪い取る。左CKを得ると、後半開始早々の決定機を逸していたジエゴ・コスタが、チアゴの蹴ったボールを頭で沈め、スコアは3点差となる。

 76分にはセットプレーの流れからレファエロフに決められ、2点差に追い上げられたホームチームだったが、88分に再び突き放す。交代出場のイアゴ・アスパスからのパスを、同じく交代出場していたイスコ・アラルコンがペナルティエリア後方で受けると、GKの逆を突くシュートをゴールに流し込んで4‐1。試合はこのままフルタイムを迎え、スペインは勝ち点を13に伸ばしている。











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ