スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ロペテギ「チームの団結しようという精神に私は満足感を得ている」(イスラエル戦試合後会見まとめ)

【試合内容と結果について】

「相手は良いチームであるし、難しい試合だったが、良い結果を得ることができた。勝ち点3を得ることができたこと、良いサッカーを展開できたことに満足しているよ」

「試合前の時点で彼らは良いチームと我々は明言していたし、彼らへの驚きは無かった。彼らは良い攻撃のスタイルを持っているチームであるし、我々に限らず、あらゆるチームに打撃を与えることができるチームなんだ。例えば、ゼハビはセンセーショナルな選手であり、スペインでも完璧なプレーを見せることができるだろう」

「我々は素晴らしい試合をし、相手の悪いところではなく、自分たちの良いところがその要因となっていた。我々は相手の素晴らしい攻撃力の最小化に成功したんだ」

「チームの団結しようという精神に私は満足感を得ている。これこそが正しい道筋であるし、他に戦いを続ける形は存在しないんだ」







【選手たちがイエローカードを回避できたことについて】

「それはとても嬉しいことだ。我々はカードを貰わないという考えを脇に置いて、自然なプレーを心掛けていたのだが、この状況で試合を終えることができたことに、とても満足している」


【スタジアムの空席について】

「プレーする全てのスタジアムが超満員となることを私は望んでいる。今日来てくれた人々が我々の背中を押してくれたという事実も重要だがね。」


【評価している部分について】

「相手にボールが奪われた後のボール奪取や後半の入り方は、とても良かったと感じている。ただ、3‐0となったことで、プレーにおけるまとまりが少し無くなったように感じたのも確かだ。それでも全体的には素晴らしい試合ができたと思っているよ」


【イタリア戦について】

「目標はそれぞれの試合で勝ち点3を得ることだ。そして、イタリア戦の前にはマケドニア戦を戦う必要があるわけであり、同じ厳しさを持って彼らに立ち向かわなければならない。イタリア戦のことを考えることはまだできないし、ピッチ的にも日程的にも厳しいマケドニア戦で勝利することを考える必要があるんだ」











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ