スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ジダン「サッカーに“簡単な試合”というものは存在しない」(レガネスvsレアル・マドリード:両監督前日会見まとめ)
アシエル・ガリターノ(レガネス監督)前日会見まとめ


【レアル・マドリードとの対戦に向けて】

「我々はとても良い状態にある。アノエタで良い試合をし、気持ち的にも良い流れでこの試合を迎えられるんだ。レアル・マドリード相手に素晴らしい試合ができることを期待しているよ。疲労回復のための時間は十分にあるし、それぞれの選手の最高のバージョンを披露できるはずだ」

「プレーのビジョンはあるが、それは明日目にすることになるだろう。5バックなのか8人で守るのかを明言することはしないよ。モランはプレーできないが、我々の状態は良いし、我々らしいメンタルを維持して行く必要があるんだ」

「我々は良い試合ができると私は考えている。我々は良い流れの中にあるんだ。そうならないと考えさせる要素は何もないと言えるよ。ホームでプレーできること、何も無駄にすることができないということはわかっている。我々は難しい順位にいるわけで、勝ち点を必要としている。ホームでの残りの勝ち点のために全力を注ぐ必要があるんだ」

「我々は高い位置でプレスを仕掛けるのが好きなんだ。そして、我々は何が我々の力を強めてくれるのかをわかっている。我々は野心十分で試合に臨むだろう。それこそが我々の本質であり、我々をプリメーラの舞台に押し上げてくれたものなんだ」


【欠場者について】

「エリク・モランは累積警告の関係でプレーできないが、他の選手たちはプレー可能な状態にある。エル・ザールは問題を抱えていたが、練習に少し復帰できている。完全回復までにはもう少しかかりそうだが、それでもプレー可能な状態にはあると言えるだろう」


【何が良い結果かについて】

「勝ち点の意味合いは試合の内容次第なんだ。セビージャでの勝ち点1は、勝てる試合であったし、良いものとは言えなかったが、アノエタでの勝ち点1は良いものだったと言える。負けそうな試合だったのだからね。今回の試合で何が起こるのか見てみよう」


【BBCについて】

「私はレアル・マドリード全体を懸念している。ただ、重要なのは我々がやるべきことをしっかり意識することだ。レアル・マドリードはどんな選手も相手に問題を引き起こすことができるわけだが、我々は自分たちのことに集中したい。レアル・マドリードがどのように来るのかは、私はわからないよ」


【レアル・マドリードのブタルケ初訪問について】

「厳しい試合の中で相手には煩わしさを感じて欲しいが、スタジアムの空気は彼らのようなチームにとって難しいものとはならないだろう」


【ダニエル・カルバハルについて】

「彼は良い歓迎を受けるだろう。彼はレガネス出身の人間なのだからね。良い扱いを受けるべきだし、そうなることを確信している。彼にとっての特別な日となるだろう。良いことが起きることを私は願っているが、同時に試合で彼に動揺を与えられることを期待している」











ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリード監督)前日会見まとめ


【レガネス戦に向けて】

「他の試合同様に重要な試合だと言える。我々は目の前の試合が最も重要な試合と常に考えているんだ。これがトラップの試合かどうかはわからないよ。簡単な試合ではないだろうし、そもそもサッカーに“簡単な試合”というものは存在しないんだ。ブタルケは難しいピッチであるし、相手は最近とても良いプレーを見せているチームなんだ」


【テオ・エルナンデス獲得の動きの噂について】

「彼は良い選手だ。そのことに疑いはないが、他に言えることは無い。私は我々の選手とやるべきことに集中しているし、他のことについて何かを言うことはできないんだ」


【ガレス・ベイルについて】

「彼は良い状態にあると見ている。怪我人のテーマについては、ヴァランの件を除けば、我々はとても良い状況にあると言えるだろう」


【ピケの発言について】

「私はそのことに興味を示していない。私が目を向けているのは、全力を尽くさなければならない明日の試合のことであり、他のことはもう過去のことだと言えるよ」


【ヴァランの負傷について】

「精密検査の結果は小さい怪我だと言っており、そのことが重要なんだ。最近の2度の負傷とは違うものであり、どれくらい離脱することになるのかは、私はわからないよ」


【イスコ・アラルコンについて】

「彼はレアル・マドリードの選手であり、素晴らしいパフォーマンスを見せている。私の考えを君たちは知っているだろう。彼は重要な選手であるし、残留してくれることを私は望んでいるよ」


【累積警告での出場停止にリーチの選手たちについて】

「4枚のままでシーズンが終わることを願っている。誰が招集されることになるのかは、明日を見てみよう」


【ハメス・ロドリゲスについて】

「彼が来シーズンもここでプレーすることを私は望んでいる」


【C・ロナウドの状態について】

「彼は良い状態にあると考えている。ただ、試合は多く、注意を払って行く必要がある」


【ケイラー・ナバスについて】

「プレーするかどうかは明日を見てみよう」

「彼はレアル・マドリードのナンバー1のGKだ。彼をベンチに置く場合は、彼に疑いを持っているからではなく、カシージャに出場機会を与えるためなんだ。ただそれだけのことだよ」


【ルカ・モドリッチについて】

「前の試合では2、3度ボールを失っていたかもしれないが、彼が良い状態ではないと言うことはできない。常に良いプレーを見せる選手というのは1人もいないんだ。私は彼のプレーに満足しているよ」


【ナチョとペペについて】

「キャプテンのセルヒオ・ラモス同様に2人を起用して行くことになるだろう。ペペについてはとても良い状態にあるし、重要な選手だと言えるよ」


【カルロ・アンチェロッティについて】

「私は彼と特別な関係性を築いているが、試合の日は彼も私も勝利を狙いに行くだろう」











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ