スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

【試合アーカイブ】レアル・マドリードvsバイエルン・ミュンヘン(CL16-17準々決勝第2戦)


CL16-17準々決勝第2戦
(会場 : サンティアゴ・ベルナベウ[スペイン : マドリード])
【 HOME 】【 SCORE 】【 AWAY 】
レアル・マドリード4 - 2

(延長)


-TOTAL-

6 – 3
バイエルン・ミュンヘン
【GOAL】
0 - 1 (53分)

バイエルン・ミュンヘン : レヴァンドフスキ(PK)
1 - 1 (76分)

レアル・マドリード : C・ロナウド
1 - 2 (78分)

バイエルン・ミュンヘン : OG(S・ラモス
2 - 2 (105分)

レアル・マドリード : C・ロナウド
3 - 2 (110分)

レアル・マドリード : C・ロナウド
4 - 2 (112分)

レアル・マドリード : アセンシオ


・両チームスタメン(括弧内は背番号)

(レアル・マドリード)
GK:K・ナバス(1)
DF:カルバハル(2)、S・ラモス(4)、ナチョ(6)、マルセロ(12)
MF:クロース(8)、カゼミロ(14)、モドリッチ(19)
FW:C・ロナウド(7)、ベンゼマ(9)、イスコ(22)

(バイエルン・ミュンヘン)
GK:ノイアー(1)
DF:フンメルス(5)、ボアテング(17)、ラーム(21)、アラバ(27)
MF:チアゴ(6)、リベリー(7)、ロッベン(10)、X・アロンソ(14)、ビダル(23)
FW:レヴァンドフスキ(9)


・両チーム初期フォーメーション

20170419formation1.png


・両チーム選手交代(括弧内は背番号)

(レアル・マドリード)
64分:ベンゼマ(9)⇒アセンシオ(20)
71分:イスコ(22)⇒L・バスケス(17)
114分:クロース(8)⇒コヴァチッチ(16)

(バイエルン・ミュンヘン)
71分:リベリー(7)⇒ドウグラス(11)
75分:X・アロンソ(14)⇒ミュラー(25)
88分:レヴァンドフスキ(9)⇒キミッヒ(32)












・試合レポート:「C・ロナウドがハットトリック。レアル・マドリードが7シーズン連続のCLベスト4」

 敵地で“1‐2の先勝”という良好な結果を挙げ、本拠地サンティアゴ・ベルナベウでの第2戦を迎えたレアル・マドリード。アウェーゴールの関係で2点以上が必要なバイエルン・ミュンヘンに、開始9分で決定的なチャンスを作られるも、マルセロの体を張った守備などでこのピンチを回避すると、その後は中央の守備を固めながら、カウンターから先制ゴールを狙って行く。

 互いにチャンスを作りながらも、得点が生まれない状況が続いていた試合がようやく動いたのは53分。カゼミロがペナルティエリア内でアリエン・ロッベンを倒したという判定からバイエルンがPKを得ると、これをロベルト・レヴァンドフスキに決められて、トータルで2‐2となる。

 追い上げられたレアル・マドリードだったが、76分に突き放す。カゼミロからのクロスをクリスティアーノ・ロナウドが頭で叩き込み、トータル3‐2。しかしバイエルンも、その2分後にセルヒオ・ラモスのオウンゴールによってチーム2点目を記録する。

 ラッキーな得点によってトータルスコアを3‐3とし、試合を完全に振り出しに戻すことに成功したバイエルンだったが、84分にアクシデント発生。アルトゥーロ・ビダルがファールで2枚目のイエローカードを貰って退場となり、数的不利となる。試合はそのまま後半アディショナルタイムまで動かず、試合は延長戦に突入する。

 試合が再び動いたのは、延長前半終盤の105分だった。S・ラモスの浮き球パスをフリーで受けたC・ロナウドがチャンスを逃さず、冷静にゴールネットを揺らしてトータル4‐3。実際のところ、ゴールシーン直前のC・ロナウドの位置取りはオフサイドだったものの、ゴールは認められ、レアル・マドリードが再びトータルでのリードを奪い取った。

 延長後半に入ると、C・ロナウドのハットトリック達成となるゴールと、マルコ・アセンシオのゴールによって、レアル・マドリードは更に2点を追加。トータルスコア6‐3で試合を終え、史上初の7シーズン連続CL準決勝進出を果たす結果となっている。











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ