スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

【試合アーカイブ】レスターvsアトレティコ・マドリード(CL16-17準々決勝第2戦)


CL16-17準々決勝第2戦
(会場 : レスター・シティー・スタジアム[イングランド : レスター])
【 HOME 】【 SCORE 】【 AWAY 】
レスター1 - 1


-TOTAL-

1 – 2
アトレティコ・マドリード
【GOAL】
0 - 1 (26分)

アトレティコ・マドリード : サウール
1 - 1 (61分)

レスター : ヴァーディ


・両チームスタメン(括弧内は背番号)

(レスター)
GK:シュマイケル(1)
DF:モーガン(5)、シンプソン(17)、フックス(28)、ベナルアン(29)
MF:ドリンクウォーター(4)、オルブライトン(11)、エンディディ(25)、マフレズ(26)
FW:ヴァーディ(9)、岡崎慎司(20)

(アトレティコ・マドリード)
GK:オブラク(13)
DF: ゴディン(2)、F・ルイス(3)、サヴィッチ(15)、フアンフラン(20)
MF:コケ(6)、サウール(8)、ガビ(14)、ヒメネス(24)
FW:グリーズマン(7)、カラスコ(10)


・両チーム初期フォーメーション

20170419formation2.png


・両チーム選手交代(括弧内は背番号)

(レスター)
46 分:岡崎慎司(20)⇒ウジョア(23)
46分:ベナルアン(29)⇒チルウェル(3)
84分:モーガン(5)⇒アマルテイ(13)

(アトレティコ・マドリード)
55分:フアンフラン(20)⇒リュカ(19)
69分:カラスコ(10)⇒F・トーレス(9)
74分:F・ルイス(3)⇒A・コレア(11)












・試合レポート:「指揮官の想像通りのタフな戦いも、アトレティコが2シーズン連続の準決勝進出」

 ビセンテ・カルデロンで行われた第1戦では、アトレティコ・マドリードが“1‐0”で逃げ切っていたこの対戦。イングランドでの第2戦は、ディエゴ・シメオネ監督が前日会見で予想した通りの“厳しい戦い”となった。

 先にビッグチャンスを作り出したのは、ホームのレスターだった。21分、左サイド深くに侵入したジェイミー・ヴァーディが折り返しのボールを送ると、ニアに入り込んだ岡崎慎司が合わせたものの、シュートは上手くヒットせず、枠を捉えられない。するとその5分後に試合が動いた。フィリペ・ルイスの左クロスから、ファーでフリーとなっていたサウール・ニゲスがヘディングでゴールに沈め、アトレティコが大きなアウェーゴールを奪い取る。

 前半はそのまま終了し、アトレティコがトータルで2点リードした状態で後半に突入。アウェーゴールの関係で3点が必要なレスターは、岡崎の交代を含めた2枚替えを行い、システムも4バックから3バックに変更する。

 50分にアントワーヌ・グリーズマンの突破からゴールに迫るシーンを作り出したアトレティコだったが、折り返しをヤニク・フェレイラ・カラスコが決められず。この大きな追加点のチャンスを逸すると、相手の3バックシステムへの対応に対する苦慮が現われ始め、51分には交代で右サイドに入っていたベン・チルウェルに、僅か上に外れる惜しいシュートを打たれる。そして、61分には遂に失点。再びチルウェルにシュートを打たれると、そのこぼれ球をヴァーディに蹴り込まれて、トータル1‐2となる。

 この失点後も苦戦を強いられ、決定的なシーンを何度か作られたアトレティコ。しかし、最終ラインの身体を張った守備もあって、トータルスコア1‐2を維持し、そのままフルタイムを迎えることに成功した。ハードな2試合を乗り越えたシメオネのチームは、ここ4シーズンで3度目となるCL準決勝進出を果たしている。











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ