スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ルイス・エンリケ「我々の目標は5ゴールを奪うことだ」(ユヴェントス戦前日会見コメントまとめ)

【ユヴェントスとの対戦に向けて】

「PSG戦は難しい試合だったことを覚えている。ボールを持った時はゆったりとプレーし、ボールの無い時は必死にプレーしなければならなかったんだ。我々は上手くやったが、それでも完璧とは言えなかった。明日の状況はこの試合と似ているし、相手にもチャンスが訪れることを考慮しなければならない。我々の目標は5ゴールを奪うことだ」

「PSG戦を参考にするなら、完璧な試合を行う必要はないと言えるかもしれない。相手の士気を下げる状況を作るべきであるし、我々は試合前のクレたちの意欲の盛り上がりを必要としている」

「選手たちの感情をコントロールし、興奮を鎮める必要がある。そして素晴らしい夜を楽しみ、我々が勝利できることを示さなければならない」

「我々に失うものは何もない。我々はプレッシャーから解放されているんだ。相手は準決勝進出を手中に収めかけており、守りに入るか攻めるかを決断しなければならない。その一方で、我々の選択肢は1つだけなんだ。攻めて、攻めて、攻め続けなければいけない」

「もし最初の1点が奪えれば、2点目はカンプ・ノウが決めてくれる。そしてそうなれば、3点目は自ずと生まれるんだ」

「アッレグリが『2ゴールを奪う』と言うのなら、我々は6ゴールを奪わなければならない。私は明日が全てのクレにとってとても特別な夜となることを願っているよ」







【ファンに対して】

「80分で席を立つことはしないでほしい。我々は最後の最後まで逆転を試みるんだ。PSG戦の夜は歴史的なものであったし、今回の試合はそれを再び成し遂げるための新たなチャンスだと言える。5分もあれば3ゴールを生み出すことは可能であるし、95分まで我々は団結して戦うんだ」


【セルヒオ・ブスケツについて】

「彼は戦術に対するハイレベルな賢さを持つ選手の1人であるし、チームのベースとなっている。彼を再び起用できるというのは朗報だ。彼がより多くの仕事をすればするほど、それは我々にとってプラスになるんだ」


【ハビエル・マスチェラーノについて】

「彼が練習に参加していることも朗報だ。回復できたことを意味するのだからね」


【リオネル・メッシについて】

「サッカーではどんなことも起こり得るが、メッシを含めた我々の選手全てが最高のプレーを発揮できることを願っている。ただ、彼は25%の力を発揮しただけでも、多くのことを我々にもたらしてくれるんだ」











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ