スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

【試合アーカイブ】アトレティコ・マドリードvsレアル・マドリード(CL16-17準々決勝第2戦)


CL16-17準決勝第2戦
(会場 : ビセンテ・カルデロン [スペイン : マドリード])
【 HOME 】【 SCORE 】【 AWAY 】
アトレティコ・マドリード2 - 1


-TOTAL-

2 – 4
レアル・マドリード
【GOAL】
1 - 0 (11分)

アトレティコ・マドリード : サウール
2 - 0 (16分)

アトレティコ・マドリード : グリーズマン(PK)
2 - 1 (42分)

レアル・マドリード : イスコ



・両チームスタメン(括弧内は背番号)

(アトレティコ・マドリード)
GK:オブラク(13)
DF: ゴディン(2)、F・ルイス(3)、サヴィッチ(15)、ヒメネス(24)
MF:コケ(6)、サウール(8)、カラスコ(10)、ガビ(14)
FW:グリーズマン(7)、F・トーレス(9)

(レアル・マドリード)
GK:K・ナバス(1)
DF: S・ラモス(4)、ヴァラン(5)、マルセロ(12)、ダニーロ(23)
MF:クロース(8)、カゼミロ(14)、モドリッチ(19)、イスコ(22)
FW:C・ロナウド(7)、ベンゼマ(9)


・両チーム初期フォーメーション

20170511formation1.png

・両チーム選手交代(括弧内は背番号)

(アトレティコ・マドリード)
56分:F・トーレス(9)⇒ガメイロ(21)
56分:ヒメネス(24)⇒トーマス(22)
76分:コケ(6)⇒A・コレア(11)

(レアル・マドリード)
76分:ベンゼマ(9)⇒アセンシオ(20)
77分:カゼミロ(14)⇒L・バスケス(17)
88分:イスコ(22)⇒モラタ(21)











・試合レポート:「レアル・マドリード、2シーズン連続のCL決勝進出」

 ビセンテ・カルデロンでの最後のダービーマッチとなった今回の試合。アウェーでの第1戦で3点のビハインドを負い、とにかく得点が必要なアトレティコ・マドリードが、開始早々に先制点を奪うことに成功する。11分、獲得した右CKからニアのサウール・ニゲスがヘディングでゴールネットを揺らし、トータル1‐3。

 更にその4分後には、フェルナンド・トーレスがペナルティエリア内でラファエル・ヴァランに倒されてPKを獲得。このPKをアントワーヌ・グリーズマンが担当すると、軸足を滑らしてのキックとなったものの、これが相手GKの手をかすめて決まり、トータルで1点差となる。

 次の1点が勝ち上がりの行方を左右する状況の中、42分にその1点が生まれた。得点を奪ったのは、アウェーのレアル・マドリードの方だった。ペナルティエリア左横でボールを持ったカリム・ベンゼマが、ボールキープから相手選手をかわしてペナルティエリアに侵入し、深い位置から折り返すと、トニ・クロースのシュートは跳ね返されるも、こぼれ球をイスコ・アラルコンが詰めて、トータル2‐4。アトレティコは残り約50分間で3点が必要な状況となる。

 追い込まれたアトレティコは、66分にビッグチャンスが到来する。フィリペ・ルイスからのロングボールをダニーロが処理しきれず、ボールがヤニック・フェレイラ・カラスコに渡ると、そのままの流れでシュート。しかし、これがGKケイラー・ナバスの好セーブに阻まれると、こぼれ球を直接叩いたガメイロのヘディングシュートも再び相手守護神に防がれ、得点には至らない。

 その後も攻める姿勢を見せたアトレティコだったが、新たな得点は生まれず、試合はそのままフルタイムに到達。トータルスコア2‐4で、前回王者のレアル・マドリードが6月3日開催のカーディフでの決勝に駒を進める結果となった。











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ