スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ジダン「我々の目線は明日の試合だけに向いている」(レアル・マドリードvsセビージャ:両監督前日会見まとめ)
ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリード監督)前日会見まとめ


【セビージャとの対戦に向けて】

「サッカーとは細かい部分が行方を左右するものだ。ここまでの我々は素晴らしい出来であるし、リーガでもCLでも良い位置にいる。ただ、我々はまだ何も勝ち取っていないのであり、このことは何の意味もないんだ。我々にはリーガの3つの決戦が残っているし、我々は明日の最初の決戦のことだけを考えることを試みて行く。ファンに求めて行くことは同じだよ。ここまでの彼らのサポートは素晴らしいものであり、これからもそれが我々には必要なんだ。外では色々なことが言われているが、我々は集中を欠くことはしたくない。我々の目線は明日の試合だけに向いているんだ」


【ベルナベウでの今シーズンラストゲームということについて】

「この試合は、我々がやっていることの積み重ねをするための新たなチャンスと言える。観客たちは笛が鳴るまで我々を後押ししてくれるだろう。これは他の残りの試合同様に決定的な試合と言えるし、我々は勝ち点3の獲得に向けて全力を尽くして行くつもりだ」


【就任当時と現在の自分の比較について】

「努力だけが全ての物事を向上できるものだと私は考えている。人生とはそういうものであり、努力すれば物事を勝ち取ることができるんだ。私はそう教えられて来たし、そうできるようにトライしている。人生を通して、私は向上を続けているんだ。ただ、このことはここでは意味を持たない。私は今どこにいるのかをわかっているし、ここでの価値あることというのは、勝利のために全力を尽くすことなんだ」

「ここまでやってきたことは、私一人の仕事によるものではないんだ。プロジェクトの裏には大勢の人間が存在しているものなのだよ」


【バロンドール争いについて】

「他の全ての議論と同様に、それぞれが自分の意見を言うことができる。君たちは私の考えを知っているはずだし、それ以上のコメントはないよ」


【ペペについて】

「彼のこのクラブでのキャリアは素晴らしいものだと言える。ただ、来シーズンに何が起きるかを君に言うことはできない。私は明日の試合に集中しているんだ」

「彼はまだ肋骨の違和感が残っているし、明日の試合には出られない。練習には参加しているが、プレーできる状態にはないんだ」


【プリメーラの残り試合について】

「リーグ戦の残り試合は3つともとても難しい試合だと言える。セビージャは常に順位表の上位にいるチームであるし、チーム自体もとても良いんだ。セルタの試合も見たが、彼らもとても良いプレーを見せている。そして、マラガは印象に残るような好調の真っ只中にいるんだ」


【マタの“戦術よりエゴのマネージメントが重要”というコメントについて】

「彼は正しい。全ての要素が重要だと言えるが、より重要なのが1人1人のマネージメントなんだ」


【カリム・ベンゼマについて】

「アトレティコ戦であのようなプレーが見られるとは思っても見なかったよ。私は彼を昔から知っているし、どれだけ素晴らしい選手かということを知っている。彼はゴールが求められているが、私がより目を向けたいのは、彼がチームメートとやっていることなんだ。ゴールを奪うのには、C・ロナウドやモラタといった選手がいるのだからね」


【メンバー構成について】

「私はセビージャ戦に向けたチームを構成する。そのチームのことに集中するんだ。そして、水曜日のビーゴでの試合では変化を加えることになるだろう」


【二冠達成に向けて】

「恐らく、可能性が今までになく高い状況にあると言えるだろう。残すは4試合だけなんだ。ただ、我々はまだ何も勝ち得ていないし、我々の努力を継続し、方向性とインテンシティを保っていく必要がある」











ホルヘ・サンパオリ(セビージャ監督)前日会見まとめ


【レアル・マドリードとの対戦に向けて】

「彼らは現在の世界最高のチームだと言える。CLでは決勝に進出している一方で、リーグ戦では優勝を争い、乗りに乗っているんだ。大きな相手に対して立ち向かうためには、とても良い午後を過ごす必要がある」

「このタイミングでの対戦が適当がどうかはわからない。ただ、対戦相手がどんなチームかということは関係なく、我々はCLへの出場権を確定させたいんだ」

「国王杯のホームでの対戦では、後に反撃を受けたとはいえ、前半の我々は明らかに彼らを大きく上回っていた。そこから学ぶ必要があるんだ」


【3位の可能性について】

「数字上では夢見る余地はあると言える。我々は常に自分自身のパフォーマンスに集中しているが、サッカーでは何事も起こり得るんだ。ただ、現在の可能性は先週よりもより低くなっているのは間違いないだろう」


【相手のローテーションについて】

「ローテーションで力が落ちないのは不思議なことだが、それは間違いなく監督の功績と呼べるだろう」


【優勝チームについて】

「“どのチームが良い”というのは私にはない。私が唯一興味を持っていることは、セビージャがより高い位置に行けるかどうかということなんだ」


【イスコ・アラルコンについて】

「私は何年も前から彼を高く評価している。才能に富んだ素晴らしい選手だと思っているよ」


【ジネディーヌ・ジダンについて】

「彼は分析するのが難しい監督だ。私は日々の彼のことを知らないのだからね。ただ、チームとしては、選手のネームバリューを超えた、途轍もないパフォーマンスを披露していると見ているよ」


【欠場選手について】

「実際のところ、我々はあまり良くない状態でこの試合を迎えることになる。ラミは違和感を抱えているし、エスクデロは100%の状態でないためにこの試合を欠場するし、ビトロは怪我の影響があるし、マリアーノとイボーラもプレーできない。選手の構成はかなりの苦労を強いられることになるだろう」











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ