スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ジダン「いつも通り100%の力を発揮することを目指す。これこそがこのクラブのDNAなんだ」(マラガvsレアル・マドリード:両監督前日会見コメントまとめ)
ミチェル(マラガ監督)前日会見まとめ


【レアル・マドリードとの対戦に向けて】

「私は何年もサッカー界にいるし、この世界がどのように機能しているかを知っている。我々は裁判をしに行くのではない。良い試合をしに行くんだ」

「我々は同じインテンシティでトレーニングをして来ている。他の1週間と変わりがないのだからね。選手たちは“考え方を変えることはできない”という方向性を最近の数試合で示している。どんな相手との試合であっても、私の選手たちは全ての試合で勝利を狙っているんだ」

「我々がこの状況において最高と理解できる者たちがプレーすることになるだろう」

「現実的にもデータ的にもレアル・マドリードは素晴らしいチームだ。そして、現在のマラガも素晴らしいパフォーマンスを発揮している。我々はここ11節でのトップ5に入るチームであると私は見ているんだ」

「私は気分良くこの試合を迎えることができる。マラガの友人や全ての知り合いは私に対する疑いの目を全く持っていないんだ。これは素晴らしいことだと言えるね」

「我々は物事を上手くやらなければならない。そして、相手を不慣れな状況に追い込むことを試みて行く必要がある。バルセロナのような素晴らしいチーム相手に、我々は既に結果を挙げているんだ。我々には正確さが必要となるが、最近の試合のようなレベルのプレーが発揮できれば、我々は頼もしいチームとなることができるはずだ」


【ジョレンテが契約の関係で出場できないことについて】

「こうしたことはほぼ全てのチームが行っているし、基本的には動かせないものだ。この状況は想定済みだよ」


【パブロ・フォルナスについて】

「彼はU‐21代表に入るべき選手だと言える。素晴らしいパフォーマンスを発揮しているのだからね。ただ、他の監督も自身の選手について同じことを考えているだろう。私はセラーデス監督の言葉に対してリスペクトを持っているよ」


【最近の周囲の騒音について】

「この現状に対する不快感はない。ただ、私の選手たちの能力を疑問視する声がある場合は、容認はできないよ。私は54歳であるし、様々なことを言われてきた。事実もいくつかはふくまれていたがね」


【デミチェリスとドゥダについて】

「我々は彼らにとても感謝している」











ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリード監督)前日会見まとめ


【マラガとの対戦に向けて】

「残り1試合ということは理解している。フィジカル的にも良い状態で試合を迎えられるし、勝利に向けてベストを尽くすことを試みて行くよ」

「引き分けで十分だからといって、我々は方向性を変えることはしない。いつも通り100%の力を発揮することを目指すよ。これこそがこのクラブのDNAなのだからね」

「バライードスの試合より難しいものになるだろう。マラガはとても良いパフォーマンスを発揮しているのだからね」


【ミチェル監督について】

「私が目を向けていることは、我々がやらなければならないことだけだ。それはいつもと変わらない。相手チームや他の者に目を奪われてしまうことは無いんだ。相手は素晴らしいパフォーマンスを見せているチームであるし、試合は難しいものになるだろうが、我々は自分たち次第の状況にあるということを理解している」


【リーグ制覇に向けて】

「リーガを制覇することの難しさを我々は知っている。38節もあり、毎週もしくは3日おきに勝利への欲求を見せつけなければならないんだ。ここまでの我々がやってきたことが、まさにそれだと言えるね。我々はこの上ないハードワークをしてきたし、選手たちは素晴らしいパフォーマンスを発揮してきた。そして、今はそのハードワークを上手く締め括らなければならない。セビージャ戦やセルタ戦でも難しい瞬間はあったが、努力を続ければ何かを勝ち取ることができるんだ」

「リーガもCLもとても難しいコンペティションだと言える。難易度に優劣はないんだ」

「レアル・マドリードに優勝して欲しくない者が多く存在するのも確かだ。ただ、それは常にそうであるし、問題は無い」

「タイトルへのモチベーションは説明できないほどのものだと言えるし、我々は最後の瞬間まで手を緩めることはしないだろう」


【ローテーションについて】

「全ての選手が重要な存在であるし、そのことが重要なポイントの1つだったと言える。出場機会が少ない選手たちも、それがより多い選手たちと同様に良い働きをしているんだ」


【今シーズンのチームについて】

「成功していることを挙げるなら、それはグループの団結だろう。まだ何も勝ち取っていないとはいえ、チームはとても上手く機能しているんだ。変化を加えることが私の仕事なわけだが、選手たちはそれに順応し、とてもよくやってくれている。そのことを感謝したいよ」




320x250 Road to Cardiff バナー




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ