スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

バルベルデ「私の考えはバルサのスタイルを更に追求していくというものだ」(バルセロナ監督就任会見コメントまとめ)

【バルセロナの監督就任について】

「バルサの指揮官に私を選んでくれたことについて、私は会長や理事会、ロベルトSDに強い感謝の気持ちを持っている。大きな責任のある仕事であるし、私を信頼してくれた人々に恩返しをして行きたい。アスレティック・ビルバオでの私は、クラブの人間と家族のような関係を築けていたが、ここでもそうした関係を築いて行けたらと思っているし、それができるかどうかが、目標を達成するためのカギとなるはずだ」

「ここでの要求は非常に大きなものであるし、博物館を訪れただけでも、私が立ち向かうべきプレッシャーの大きさや、過去の指揮官が出して来た結果の偉大さを理解できた。ここでの挑戦はビッグで難しいものだと言えるんだ」

「ここでは全ての選手が“バルサのスタイル”でプレーして来た。この事実は世界的に知られていることだと言えるだろう。私はこのクラブのスタイルを良く知っているし、それに再び順応させていくことになる。私の考えはバルサのスタイルを継続しつつ、それを更に追求していくというものだ」


【リオネル・メッシについて】

「世界最高の選手を指導できるというのは、唯一無二の経験だと言えるだろう。私は彼をサポートできることを望んでいるし、このチャンスを楽しみたいね。彼はどこでプレーするにしても決定的な存在となることができる選手なんだ」

「彼の契約更新については、私の周りの人々はとてもポジティブな姿勢を示しているよ」


【システムについて】

「このチームは[4‐3‐3]や[3‐4‐3]で上手く機能しているが、システムというのはあまり重要ではないし、固定されるものではないと言える。ただ、プレーのコントロールを得るのに必要な形に合わせて行くことになるだろう。ルイス・エンリケのやっていたことも、バルサのスタイルから離れていなかったと私は見ているよ」


【チームのリーダーについて】

「自分自身の表現の仕方や物事の言い方は、それぞれがそれぞれの形というものを持っているものだ。我々が望むのは、このチームが成長することと、全ての選手の個人の能力が向上することだと言えるよ」


【アンドレス・イニエスタについて】

「あらゆる点から彼はチームやクラブにとって重要な選手であると言えるし、早速彼と話をするつもりでいるよ」











【下部組織について】

「下部組織の指揮官とスムーズな関係を構築したいと思っている。そこにはトップチームに昇格できるような選手たちがいるんだ。競争力を高めることができるし、下部組織の選手を引き上げられるなら、なお良いと言えるだろう。私のプランはどの選手が良い成長をしているかを知るというものだ」


【親善試合とスーペルコパのクラシコについて】

「ハードなスタートだが、良いことだとも言える」


【トリデンテのローテーションについて】

「プレーにおける彼らの影響力を我々は知っている。チームの調子はフィジカルコンディションの影響を受けるものだが、重要なのはあらゆる目標を視野に入れた状態かつ元気な状態でシーズン終盤を迎えることだと言えるんだ」


【前任者について】

「ルイス・エンリケはレベルのとても高いことをやっていた。それ以上のことはコメントしないよ。どんなことも悪く解釈される可能性があるからね」

「今シーズンのリーガを勝ち取ることができなかったのは確かだが、国王杯とスーペルコパを勝ち取った。ルイス・エンリケは毎シーズンタイトルを勝ち取ったんだ。我々皆が全てを勝ち取ることを望むが、常にそれができるわけではないんだ」


【右サイドバックについて】

「このチームにはアレイシュ・ビダルとセルジ・ロベルトがいる。セルジはポリバレントな選手であるし、あらゆるところで我々を助けてくれることを期待しているよ」


【ポゼッションサッカーの完全復活について】

「我々は全ての点から分析をする必要があると言える。バルサのプレーはチームプレーを基盤としているし、バランスというものが必要なことはわかっている。チームが快適にプレーするための公式というものを見つける必要があるね」


【ルイス・スアレスについて】

「コンスタントにゴールを奪うFWであり、その嗅覚をこの休暇中に失ってしまわないことを願っている。彼はサイドでプレーする能力からアシストする能力、そしてゴールする能力を持っているし、常に相応しいタイミングで自分の仕事をする選手なんだ」











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ