スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ロペテギ「ピケへのブーイングは嫌な気分を覚える」(コロンビア戦試合後会見コメントまとめ)

【ピケへのブーイングについて】

「嫌な気分だ。彼にブーイングをするなら、それは正しいこととは言えない。彼は代表チームに貢献しているんだ」

「ブーイングのことを懸念することはしない。私が懸念していることは、チームとしての成長が続くかどうかだ。ここには素晴らしい空気が流れていると言えるよ」


【ピケとの会話について】

「我々は解釈と捏造を混同することはしない。物事には限度というものがあるべきだし、会話の捏造は醜いことなんだ」







【試合内容について】

「我々が期待していた通りの試合だった。彼らは高いモチベーションを持って試合に臨んで来たし、親善試合ではないような試合だった。マケドニアとの公式戦を頭に入れて、選手起用のマネージメントを行ったのは確かだがね。我々は1度も諦めなかったし、最終的には勝利する可能性もあったと言えるよ」

「彼らは世界ランク5位のチームであるし、とても良い選手たちを抱えている。我々は物事を上手くやる必要があったんだ。試合では我々が上回っていたが、効率性の面では彼らの方が上手だったと言えるね」


【ジエゴ・コスタについて】

「ブスケツや他の選手同様に、この試合でプレーさせない決断を我々はした。特別なことは何もないし、彼らの状態は良い。問題は何も存在しないんだ」











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ