スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

【スペイン代表】ロペテギ「ここで勝利を得ることは簡単なことではなかった」(マケドニア戦試合後会見コメントまとめ)

【試合内容について】

「勝ち点3の獲得が我々の失敗できない目標だった。予想されていた通り、ここで勝利を得ることは簡単なことではなかったし、最終的に良い結果を得ることができたと言えるよ」

「我々にはスコアを0‐3にして試合を終わらせるチャンスがあったが、力強さを維持できず、相手に輝ける時間を与えてしまった。ただ、我々が展開したサッカーはもっと緩い形で勝利するのに相応しいものであったと思うし、この点は維持して行く必要があると言えるだろう」

「全員が試合に集中できていたし、出場停止にリーチだった選手が無傷で終われたことには満足している」


【イスコのプレーについて】

「彼は良いパフォーマンスを見せていた。彼は様々なポジションでのプレーにフィットできる選手であるし、今回はハッキリとしたゴールチャンスも何度かあったと言えるね」







【イタリア代表との試合に向けて】

「大一番に向けてサンティアゴ・ベルナベウが満員になると確信しているよ。そして、観客たちが試合の重要性に見合った雰囲気を作ってくれることは間違いないだろう」

「“次の試合”というのは常に重要性が最も高く、イタリアとの試合は、“両者が勝ち点で並んでいる”という点から見ても、その重要性の高さは明らかだ。W杯の出場権獲得に向けて、我々は1試合1試合着実に歩んで行くよ」

「引き分けを狙いに行くことは頭にない。我々は全ての試合で勝ちに行くんだ」


【ジエゴ・コスタのアトレティコ移籍の噂について】

「可能性の段階の話についてコメントすることはしない。今から20日前には、彼が中国でプレーするという話が飛び交っていたんだ」


【就任1年目の総括について】

「内容を嬉しく思うが、満足はしていない。満足するのは目標を達成してからになるだろう。我々の前にはまだやるべきことがたくさんあるんだ」











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ