スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

【試合アーカイブ】イラク代表vs日本代表(ロシアW杯最終予選)
ロシアW杯最終予選
(会場 : PASスタジアム[イラン : テヘラン])
【 TEAM1 】【 SCORE 】【 TEAM2 】
イラク代表1 - 1日本代表
【GOAL】
0 - 1 (8分)

日本代表 : 大迫勇也
1 - 1 (72分)

イラク代表 : カミル





・両チームスタメン(括弧内は背番号)

(イラク代表)
GK:カッシド(12)
DF:イブラヒム(2)、アドナン(6)、スラカ(22)、サリム(23)
MF:ヌーリ(5)、ヤシーン(9)、アブドゥルザフラ(10)、カミル(19)、アブドゥルアミール(21)
FW:カッラル(8)

(日本代表)
GK:川島永嗣(1)
DF:昌子源(3)、長友佑都(5)、酒井宏樹(19)、吉田麻也(22)
MF:本田圭佑(4)、遠藤航(6)、原口元気(8)、久保裕也(11)、井手口陽介(14)
FW:大迫勇也(15)


・両チーム初期フォーメーション

20170613formation1.png

・両チーム選手交代(括弧内は背番号)

(イラク代表)
59分:ヤシーン(9)⇒タリク(11)
77分:カミル(19)⇒レサン(13)
80分:ヌーリ(5)⇒アットワン(17)

(日本代表)
62分:井手口陽介(14)⇒今野泰幸(17)
70分:原口元気(8)⇒倉田秋(7)
76分:酒井宏樹(19)⇒酒井高徳(21)











・試合レポート:「ドロー決着で出場権争いは混戦に」

 前半戦の対戦では、山口蛍のアディショナルタイムの決勝ゴールによって、ホームの日本代表がどうにか勝ち点3をもぎ取っていた今回の対戦カード。その前半戦の試合同様に、今回も日本が先制点を奪い取る。

 開始8分、大迫勇也のアタッキングサードでのボールキープから、最終的に原口元気がシュートを放って右CKを獲得すると、本田圭佑のキックをニアの大迫がヘディングで沈めて0‐1。早々に均衡を破った日本は、守備のバランスに重きを置いた戦い方の中で、ペナルティエリア内でのシュートを許す場面もあったものの、相手の縦を意識した攻撃に対して、集中力を大きく欠くことなく、1点差を保ったまま前半を折り返す。

 後半に入ると、序盤から押し込まれる場面も目立った日本だが、井手口陽介の負傷交代のアクシデントが発生した直後の65分にビッグチャンスが到来。酒井宏樹が右深くに侵入し、折り返しを送ると、相手に当たってこぼれたボールを大迫が拾ってシュートまで持ち込むが、相手に当たったボールはポストに阻まれ、ゴールネットを揺らすことはできない。

 すると、2枚目の交代カードを使った直後の72分に、痛恨の失点を喫する。ペナルティアーク付近で相手が収め切れなかったボールがゴール前に流れると、吉田麻也と川島永嗣の連係が上手く取れなかったところを突いて、相手選手がチェック。これによってボールがこぼれたところを、マフディ・カミルに詰められ、試合は振り出しに戻る。

 その後、79分に最後の交代枠を酒井宏樹の負傷によって費やすことになった日本は、同点のまま後半アディショナルタイムを迎えると、90+5分のロングスローを起点とした本田のシュートもGKの壁を越えられず、試合はフルタイムに到達。グループ首位の日本は、残り2試合(オーストラリア戦、サウジアラビア戦)で1勝を挙げれば、W杯本大会への出場権を獲得できる状況となったものの、今回の引き分けによって3位との勝ち点差は1ポイントとなり、上位3チームの出場権争いは熾烈さを増す展開となっている。











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ