スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

バルベルデ「レアル・マドリードとの2試合は大いに役に立った」(レアル・ベティス戦前日会見コメントまとめ)

【ベティスとの対戦に向けて】

「試合の主導権を握ろうとするベティスを期待している。彼らは監督のイメージに沿ってプレーしているし、ボール保持を狙ってくるチームだ。我々にハイプレスを仕掛けてくるだろう。プレスからの抜け出し方をわかっているチームがチャンスを掴む試合となると、私は考えている。彼らが後方に引くとは思わないし、彼らは勇敢な戦いをしようとしてくるはずだ。私は彼らのそういう姿勢を、プレシーズンマッチのインテル戦やミラン戦で確認している」

「明日の優先事項は、良いプレーをして勝つことだ。酷いプレーで勝つ方法を私は知らない」


【欠場選手について】

パウリーニョは早くチームに順応する必要がある。一方、イニエスタは練習に合流できないだろうし、ピケは練習には復帰するだろうが、状態を見る必要があるだろう」


L・スアレスの離脱について】

「チームにとって重大なことであるのは間違いない。ただ、我々には選手がいるし、どうなるか見てみよう」


【バルセロナのテロ事件について】

「異常かつ残念な状況だと言わざるを得ない。我々の心は犠牲者と共にいる。昨日は全ての者にとって辛い1日だったんだ」

「我々は落ち着いているし、恐怖は抱いていない。我々自身がコントロールできる問題ではないのだからね」


【スーペルコパの敗北について】

「大いに役に立ったと言える。あの2試合での我々は、良い面を見せる時もあれば、悪い面を見せる時もあった。我々は多くのことを学ばなければならないことをわかっているし、“サッカーは3日間で変化が起こり得る”ということもわかっている」







【度重なる“問題”の発生について】

L・スアレスの負傷は起こり得るという認識の問題だが、レアル・マドリード相手の敗北は、文字通りの“問題”だったと言える。タイトル獲得への欲求を持っていたし、失望も認識しているんだ。一方、ネイマールの移籍は突然で驚くべきものであったし、方針の少しの変更を余儀なくされた。様々なことがあっても、我々は後ろを向くことなく、前に進んで行かなければならないね」


【システムの変更の可能性について】

「いる選手に応じた策というものを見つけなければならない。重要な選手の穴や負傷者による穴に適応する必要があるんだ。私は我々のスタイルをはっきり理解している。プレーを支配し、アグレッシブに戦うというね。ただ、状況に適応することも重要なんだ」


メッシの存在について】

「彼が最も重要な選手と明言するつもりはないが、彼は世界一の選手であるし、我々全員で彼をサポートする必要がある。“彼が輝きを発揮するためのプレー”というものを発見しなければならないと言えるね。全員の目が彼に向けられているし、どんな状況でも彼は注目されるはずだ。我々は1つのまとまったグループとなって、お互いをサポートし合う必要があるんだ」

「彼の起用法についてはあらゆる可能性を考えている。特に我々にプラスになる可能性をね」


アルカセルについて】

「彼にとっても、他の選手にとっても、今回の試合はチャンスの試合だろう。アルカセルは結果を残しているし、彼の番が来ていると言えるかもしれないね


【補強について】

「できるだけ早く、今シーズンを戦うチームを完成させたいのは当然だ。更に、要求されているものに適したチームを私は手にしたい」












関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ